老人党リアルグループ「護憲+」ブログ

現憲法の基本理念(国民主権、平和、人権)の視点で「世直し」を志す「護憲+」メンバーのメッセージ

新酒を古い皮袋に盛る勿れ

2019-08-27 16:39:40 | 民主主義・人権
西日本新聞8月20日朝刊3面、「君主」引きずる象徴天皇 政治への意見 雄弁 側近、何度もいさめる 宮内庁長官「拝謁記」記事の中で、
・・・・
  ▽国民投票に驚き
  昭和天皇はこうした思い(再軍備)を吉田首相にも訴えようとしていた。しかし、戦後の憲法は「天皇は国政に関する権能を有しない」と規定。田島は許されざる意見だとして繰り返し戒めている。
...「侵略者が人間社会二ある以上...」と述べた3月11日には、即刻「それは禁句」とくぎを刺している。
  田島が憲法改正には国民投票が必要だと指摘すると、昭和天皇が「そんなものが入るのか」(3月8日)と驚きを見せた。天皇が当時、新憲法を十分に理解していなかった様子が浮かぶ。
・・・・
 
私の訴えたいことは、標記の通りである。新酒とは、国民主権の原理と日本国憲法。古い革袋とは、古い人材、戦前を引き摺る官僚制、その上にのる統治、権力制度。この右代表が昭和天皇、...安倍政権。これをトッカエなければならないという、現代化、当たり前の主張である。

思えば、我ら、面白い時代に生きた。敗戦後、焼け跡時代も知らず、貧しいながらも、直ぐに、米国による朝鮮戦争遂行に巡り合った。一部の者には、その自然の成り行きが見えていたのかもしれぬ。吉田茂や岸信介までもが、敗戦の責任を引き受けないで、権力に返り咲いた。勿論、一にも二にも、米軍の都合、思惑に適ったのであろう。
 
朝鮮半島の人にとっては、植民地支配に次ぐ、大災難、破壊と困苦だった。ところが、これが、日本にとっては、朝鮮特需となり、戦後の奇跡の復活を果たすことになった。米国側に就いたお陰で、旧財閥も復活し、富も蓄えた。
 
日韓基本条約を結び、韓国には、「漢江(ハンガン)の奇跡」を齎し、朴正煕・朴槿恵の栄華ももたらした。その後、民主化を果たし、金大中、文在寅政権に至る。
 
他方、北朝鮮(朝鮮人民共和国)は、米政府等から徹底的に除け者にされた。例外は、金大中、文在寅(ムン・ジェイン)政権位。ところが、その君主、人民、隅に置けなかった。除け者の地位を剥ぎ取ろうとしている。安倍自民党政権が、喉から手が出るほど欲しい?核開発を先に果たして。なんてこった!!

日本の戦後賠償問題、残る一つ、北朝鮮へのそれ。例の、日朝平壌宣言(損害賠償のお話)はあるものの、すんなり、賠償とか、経済協力とか、いかない雲行きに見える。非核化要求を絡め、どうなることか。長い道のりが、予見できる。

その間に、日本は、少子高齢化、人口減少を果たし、昔、『NO1』と誇ったのが、朝鮮半島に釣り合い、逆転するかも...戦争等、まさかのことがなければの話。 
 
実に面妖な、東アジア、アジア情勢、世界であることか。

ところで、敗戦前の、大日本帝国はどうだったか、下々はどうだったか。

昭和天皇は、世界恐慌後の、5.15事件(海軍若手将校ら)、2.26事件(陸軍若手将校ら)を拒絶し、断罪に処している。側近が殺されたから?『天皇親政』を待望した事件の下士官や兵卒は、東北出身の貧農の出だと聞くが。
 
当時、天皇家は、日本一の大地主だった。貴族等も、以下同文。その下に、物納の極貧の農民、水飲み百姓家族が喘いでいた...娘、女も売り飛ばし。
 
植民地支配(日本の生命線?)も肯定した侭、これらも反省しなかったのか。
 
そういう意味でも、昭和天皇は、戦前の人材は、人権も、国民主権も、三権分立も、当為をわきまえず、その後継人材も、以下同文に、手前勝手な振る舞いを反省しようとしていない。

替えるしかないのだ、根底から。不徹底では、国民主権・復権はできない。

 ◎添付
日本史資料室 昭和時代年表 https://history.gontawan.com/nenpyo-syowa.html
五・一五事件 - Wikipedia 
二・二六事件 - Wikipedia
農地改革 - Wikipedia ※農地開放 https://ja.wikipedia.org/wiki/農地改革
大韓民国の経済 - Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/大韓民国の経済
韓国を牛耳る“10大財閥”は日本が育てた  https://president.jp/articles/-/23376

「護憲+コラム」より
蔵龍隠士
コメント