老人党リアルグループ「護憲+」ブログ

現憲法の基本理念(国民主権、平和、人権)の視点で「世直し」を志す「護憲+」メンバーのメッセージ

「維新の会」の本音

2019-05-14 20:09:24 | 政治
維新の会の議員が「北方領土を戦争で取り返す」などと、その「北方領土」で騒いだようです。さすがに戦時中に首都の国家統制のためにできた「都」という戦争遂行のための制度にこだわっている政党の議員だけあります。

わたしは「東京都」を「東京府」に戻し、「特別区」をなくすのがよいと思っています。「特別区」をなくしてもまたそれらをまとめて「東京市」にするのではなく、それぞれ単独の自治体(市)にするのです。そうすれば、「特別区」という半端な「自治体」のようなものがきちんとした「自治体」になります。

「府」は、「特別区」のことはそれぞれ独立した「市」に任せ、「府」全体の事務をすればよいので、業務量、予算ともに大幅に減らすことができます。
なによりも、役人たちはさせたがるけれど、そこに住んでいる住民にとってどんなメリットがあるのかさっぱりわからない「政令指定都市」などというおかしなものがない「府」になれます。

「大嫌いな『大阪市職労』をなくすために『大阪市』そのものをなくしてしまえ」というのが本音ではないかと思いますが、「都」という戦時体制は「維新の会」に任せてしまえというのが私の本音です。

「護憲+BBS」「どんぺりを飲みながら」より
千葉の菊
コメント (5)