老人党リアルグループ「護憲+」ブログ

現憲法の基本理念(国民主権、平和、人権)の視点で「世直し」を志す「護憲+」メンバーのメッセージ

紅葉と温泉の中で

2015-10-21 11:52:55 | 戦争・平和
群馬、長野から昨夜戻って来た。彼の地は丁度紅葉の真っ盛り、山も木々も真紅、黄金色に染まり、快晴の空に美しく映えていた。そして温泉、日本に生まれた幸せをつくづく感じた二日間だった。

考えてみると「温泉」とは不思議な施設である。見ず知らずの他人が風呂というプライベートな空間で何人も時には何十人も集う。その場で会話が始まり情報交換などしたりする。

他のアジアの国は知らないが、西洋では温泉施設はあってもバーディゾーン等と言って水着着用の場所ならあるという。文字通り「裸の付き合い」は我が国特有の文化なのだろうか。

戦前の国民もそれなりに、紅葉や温泉をより身近な場所で楽しんだ人達もいたのだろう。日々の労働から解放されて心地よい時間を過ごし平和な暮らしが永遠に続くと思っていた人達もいたのだろう。例え戦争の足音が遠くで聞こえ、兵隊さん達が何人か亡くなったりしていたとしてもそれは「名誉の戦士」であり「国」という共同体を守るためにはいた仕方な無いこと、と思い込まされていたのだろう。「それしか考え方が無かった」と戦中戦後を過ごした方に聞いた事がある。

その当時の国民の多くはその「遠くで起きている戦争」が日本人も含めアジアの何百万人の人達の命や財産や自由を奪う「戦争」に繋がっているとは想像してもいなかったのだろう。

戦後の日本も70年の時を経て「八紘一宇」とかの言葉が埃を叩いて甦って来たり、「一億総活躍」等という怪しい言葉を時の政権が唱えたりしている。温泉に浸かり紅葉をボーッと楽しんでいる内に茹でガエルのように茹で上げられて、お金も命も自由も喰らい尽くされないように気を付けなければ。

平和も自由もボーッとしていては護れない。声を上げる時は上げて、行動する時には行動し、情報を集め、例えば「安保法案なんて難しくて分からないかれど、何となく不安」という人達に伝えて行こう。貴方と私の自由も平和も正に今、少しづつ壊されようしている状況を。それを伝えるにはどんな手段を使ったら良いのか悩み所ではあるけれど。

貴方と私の暮らしの中にある言葉を使い何か出来ることはないかと考えた、私の二日間だった。

「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より
パンドラ
コメント (1)

高齢化社会に伴う自治会の内的矛盾の狭間で、<安保法制ストップ>を思う

2015-10-21 10:05:43 | 暮らし
私の住むまちの人口は4万3千余で、有権者3万6千5百余の小市ですが、明治日本の近代化にとってのエネルギー源である石炭と水源の供給の地でもありました。そうした歴史的な位置にあったことから、ユネスコでの「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」として世界遺産登録が決定されました。

水源のポンプ場施設は今も現役ですが、<世界遺産>としての登録となり、施設の所在地としての<登録>が、市民生活にどう生かされていくのかが今後の市政の課題となったといえます。

一方、人口4万3千余で、65歳以上が1万5千弱で、人口比34.5%という高齢化社会という現実があります。

この高齢化地域での自治会活動をどう構築していくのかが、自治会の喫緊の課題としてあります。

当市の自治会長の年齢層も先の現実の中で、60年代後半から70年代前半が過半数を占める様子にあります。

自治会活動と会社勤めの両立は現代職場組織のあり様として困難となっているのではないでしょうか。

<会社人間>でなければ、職場での<競争社会>を生き抜けない現実が厳然としてある、ということもあり、また、自治会活動参加への時間的精神的余裕をもつことが困難という現実を生きてきた<自治会長層>の経過が、勤労年齢層を迂回せざるを得ない、という心象現象があるといえます。

そうした自治会(長)側の心的現象の中で、活動領域が高齢層に傾けられるという現実に陥り、<もっと若い層にウイングを広げたい>という気持ちとの矛盾を抱え込むとともに、そうした悪循環化した現実に戸惑いつつ、なんとか<自治会>の活性化に取り組んでいく他はない、と思っている今日この頃です。

一方、こうした<地を這う>ことに汗を流している中で、ふと立ち止まって見ると、世間は<安保法制>で、憲法9条を<無化>するばかりではなく、自衛隊をアメリカ軍の<先兵化>していくことが現政権によって図られようとしているという訳です。

現<日本国政府>は、<解釈改憲>という身勝手な見解の下、世界の果てまで、<集団的自衛権>を発動することに踏み込んでいる状況にあります。

こうした状況は、本来、時の政権を律するのが<憲法>である、という立憲国家の前提を覆す道に踏み込むと同時に、<民主>国家としての戦後70年を逆流する<独裁>国家への道を切り拓いていく途に就こうとしているに他ならいと言え、この流れを“来たるべき参議院選挙で断つ”ことが喫緊の課題だと考えて、今後の活動を律したいと思っています。

「護憲+コラム」より
せっちゃん

コメント   トラックバック (1)