日本年金機構

2008-06-30 22:28:40 | インポート
舛添大臣さんよ~ なにか裏ネタでも掴まれましたか? 国民のわかる言葉でカッコイい事言って、 国民が理解出来ない言葉で言い訳すんじゃナイよ! 日々、毎日が楽しそうですね…
コメント

カッパの日

2008-06-29 13:43:22 | インポート
カッパの日 明日はカッパの誕生日。 明日は平日なので、昨日からお泊まりなんですが誕生日のリクエストはホテルの温泉… 昨日2人分のレインウェアを購入したのでお財布は厳しい… と、言うわけで下部温泉ホテルの日帰り入浴へ来ました。 大人一人1050円でノンビリ出来るので文句なしです。 カッパよ、スマンなぁ~安く上げてしまって… 先月、浜名湖一泊したから勘弁ね~!
コメント (2)

お詫び

2008-06-28 06:39:48 | インポート

各 位     

           

 2008年6月27日

                     歯科技工の海外委託問題訴訟原告団

                           代表  脇 本 征 男

お 詫 び

 この度、おかげさまで海外委託問題訴訟は、6月20日をもって結審することができました。判決は、9月26日に言い渡される事に決定いたしました。

 実は、この結審の日を含めそれ以降も、テレビ朝日の「スーパーモーニング」による取材攻勢が精力的に行われ、放送日が7月1日の火曜日ということで、各位にもお知らせ致しましたが、残念ながら「テレビ朝日」の都合で、今回は中止ということになりました。

 テレビ朝日側は、原告側から提示された中国産の「純チタン床」に、極微量ではあるが「ニッケル」が含有されていることを切り口に、口腔の安全の観点から、今回の訴訟の意義を国民に知らしめる企画だったそうです。

 

 ところが、この結審にあてて国側から提出された証拠類のなかに「日本チタン協会」の資料があり、それによると国内流通の「純チタン」であっても、100万分の1ほどの極微量の「ニッケル」が含有されているということです。

 これにより、放送内容である基礎事案が覆されるに至り、現状ではそれらを

組み立て直す時間もなく、今回は一旦中止という判断をせざるを得なかったということです。

 元来、私たちは「物」がどうのとかは、あまり重きを置いておりません。

しかし、マスメディアは少しでも国民の受けを狙った企画を立てがちであり、そうしないと取り上げられないことも承知しております。

取材を受けた原告たちは、私を含め寸分違わず、現行法に違反行為であることの主張をしていることと固く信じて疑いません。

 金属アレルギーの最たる物とされるニッケルが、専門家や有識者の廃止忠告をものともせず、国が、皆保険制度の中に使用材料として認可していること自体、真に魑魅魍魎の世界であります。

 いずれに致しましても、今後はより一層慎重に、ぶれることの無いよう戦ってまいりますので、今回の放送中止はいずれ陽の目を見る時までの一里塚と、寛容なるをもってお許し賜りますようお詫びとお願いを申し上げます。

                        

コメント

黙ってちゃダメ

2008-06-25 16:30:27 | インポート

    海外委託問題訴訟に衝撃 2008.0624号 「日本歯科新聞」掲載

            大阪府・勤務歯科技工士 塚原敏彦

本人の了解を得て、技工士連絡会ニュース51号(大阪歯科技工士連絡会発行)に掲載されたものを原文のまま掲載します。

「司法は国民の健康の観点という公益的観点から制定されたものであり、歯科技工士の法的地位ないし利益を保護することを目的とするものではない」。

歯科技工士法上、「無資格者に対して歯科技工を行わせてはならない」との義務は生じない。

 「歯科技工士法は、わが国で歯科技工を行う場合の取扱を定めたものであり、…」(後文略)等々。原告らの主張に対する国の答弁書(一部抜粋)である。

 とんでもないショッキングな記事(標題)。業界新聞(日本歯科新聞341548号)に大きく且つ詳細に掲載されたことは、まだ記憶に新しい。

「え、これってなに」。

後方から、いきなり頭を「ガーン」と打ちのめされた思いである。「技工士ってなんなの」、「身分は、権利は」、「え、誰が作ってもいいの、じゃ~学校制度は」、

「そんな馬鹿な」。

 小生も、この仕事に携わってからもう早45年が過ぎた。カウントダウンが刻々と迫ってきているが、これほどの衝撃を受けたことはかつてなかった。

 生体に良く調和する補綴物作りを…と、日々研鑽を重ね、家族との生活をも犠牲にし、老人ホームの社会奉仕や歯の健康展への参加など、皆が、積極的な社会貢献を献身的に果たしてきた役割はなんだったのだろうか。全ての力が、体からスーッと一気に抜けてしまいました。

 あまりにも惨く、酷い。我々がここまで軽視されている現実に、無力感にさいなまれてしまいました。そんな悔しい思いを抱いたのは、私だけではないだろう。特に、教育現場で指導する立場の方々にとっても、情熱が消え去りそうなほど落胆されていることだろう。

 この衝撃的な国の準備書面は、数十人の歯科技工士らが原告として団結し、歯科技工物の海外委託問題について、なんと国を相手に一念発起し、勇気ある訴訟を起こした。

 そのことによって司法という公の場に、歯科技工士法に基づいた国の答弁書が準備書面として、初めて明らかにされ、私たち衆目に触れることとなった。

 噂の域を超えなかった権利や身分の問題が、このことによって、はっきりと示された。原告団らの取ったこの行動は、今後を考えると計り知れない大きな意義がある。

                 ?

考えてみれば歯科技工法(現歯科技工士法)は、半世紀前にできたもの。後に、歯科技工士法に変更されたが…。専門教育を受ける学校制度、資格を取得するための国家試験(名称変更検討中)、日進月歩の歯科医療に生涯学習は欠かすことができない。高度化した知識や技術、歯科医療を支える機材等々。半世紀前の歯科医療(補てつ)では、誰もが考えることすら及びもつかなかったことであろう。著しい発展を遂げている。

 半世紀前にできた同法に基づいた準備書面の答弁書は、この現実とはあまりにもかけ離れすぎ、矛盾が生じているのではないだろうか。

 また、我々にとってこのような重大な問題が、業界新聞によって報道されるまで、原告団以外、多くの歯科技工士は知らなかったことも問題だ。ダブルショックである。

 正確かつ迅速な情報提供がどこかで欠落している。この実態はなんなのかと疑わざるを得ない。何れにしろ、看過できない大変な問題であり、残念窮まりない事だけは確かだ。

 今、人口減が叫ばれている。歯科技工士の若年者の未曾有の先細り(学三角形)は、その比ではない。枯渇することが、いよいよ現実となってきているようだ。この掛け替えのない職業は誰が担うのだろうか。この先、一体患者さんはどうなるのだろう。そう考えるととても深刻。歯科医療に対する信頼が、崩壊につながるやも知れないのではないかと危惧される。日頃、協力を求める折には、「医療従事者ですから…。」と思わせぶり。今回のように、ひとたび戦いに成れば一転、法を楯に、前述のような厳しい回答に転じる国。これは、どう理解すべきなのでしょう。

 国も、「国民の健康の公益的観点から制定する」と言うならば、歯科技工士の果たしている重要な役割をあらためて十分に理解し、時代錯誤も甚だしい同法を、時代に添った法の整備をおこなう。そのことこそが、国民の期待に応えることに繋がることではないだろうか。

               ?

一方、私たちももう目を覚まさなければいけない。厳しくとも、そうしないと解決の道は決して開けない。組織は、「何のため、誰のため、会員の権利や生活は…。」会員不在の政治に失望を抱かせて大失策(政)と言われないよう組織の存在意義を示す絶好のチャンスなのでありはしないか。この難題を最重要課題として、国へ、緊急かつ積極的に働きかけるべき必要性が生じた事だけは確かだ。

 いま全国各地で、「保険でよい歯科医療の実現を求める意見書」が提出されている。ある地方都市でも、その運動の一端が報道されていた。ただ唯、願うのみである。避けていては通れない。我々の未来は永久に開かれることはないだろう。掛け替えのないこの素晴らしい職業を守る意味でも、そして、患者の期待に応えていくためにも、その必要性を疑う余地はないと確信する。皆が危機感を共有し、間違いのない「未来の選択」をすることが望まれる。

 

コメント (5)

黙っていちゃダメよ

2008-06-25 07:03:51 | インポート

ここ「露地者」をご覧の皆様、おかげ様で無事結審を

迎える事ができました。

応援していただいた皆様、本当にありがとうございました。

あとは9/26の判決を待つばかり、・・・・ではありません

この裁判は最高裁までいくでしょう。そのためには法廷外闘争が

大きな力となります。

その為、すでに告知を始めた「世田谷シンポ」

これはこの訴訟を通し歯科技工士の過去と未来を語り

今、何をすべきか、を皆さんと探るシンポになると考えております。

その世田谷シンポに向け皆さんの意見を少しでも多く集め

それを生かすためにブログと掲示板を立ち上げました。

「掲示板」は誹謗中傷以外で未来への提言であれば

ご自由にお使い下さい。

歯科技工から歯科医療の将来を考える

http://2008setagaya.seesaa.net/

歯科技工から歯科医療の将来を考える掲示板

http://bbs7.sekkaku.net/bbs/gikousinpo.html

それからこの「露地者」ですがこれを書いている露地者が

体調不良のためこれからアップのみでコメントを頂戴しても

お応えできない時があると思いますがご理解下さいm(__)m

コメント (3)