幻想自作分室~Rohisatoのつぶやき~

過去ログ再録ができなくなった。なのでツイッターのつぶやきだけで記事を構成するしかない。

一年前はオルフェンズネタばっかり

2018-10-25 18:05:00 | 日記
10月24日(火)のつぶやき

うまるんじゃねぇぞ... pic.twitter.com/38IYbpZmMD— カフェ蒸し餃子 (@yamigyouza) 2017年10月23日 - 12:21土間るんじ......

コメント

時効だから、その2  モナーは『公共のネット上の著作物』か?

2015-10-22 16:45:20 | 日記
その1からの続き。
それ以後もいろんな2ちゃんからの被害を受けた個人や団体の申し出を断ってきた。
そのつどにやれ「2ちゃんが潰れる」「管理人逮捕」などの偽情報が出てきたが、もうかれこれウン年も経ってしまった。その間にも2ちゃん関連グッズが出てきたが、実質同人的なものだろう。
漏れは疲れた。

アスキーアートキャラクター「オマエモナー」、およびその派生物は現在パブリック・ドメイン『公共のネット上の著作物』となり、「電車男」や「実録鬼嫁日記」他のネットからの出版物内の"表現記号"としての役割を果たしており、いまさら漏れが「オマエモナーの作者は私なので印税の一部をください」などとは言えない。
そんなことをしたら2ちゃんで袋叩きにあい、職も失うことは火を見るより明らかだ。
コメント

時効だから、その1 「公式モナーグッズについて」

2015-10-22 16:27:02 | 日記

もう時効なんで今だから言えるけど

2001年6月のI&P発足時に人を通して切込隊長側からこちら(当時漏れが所属している会社)にアクセスがあった。用件は「公式モナーグッズを考えて欲しい」というものだった。
http://web.archive.org/web/20031004211000/http://hpcgi3.nifty.com/BWP_XP/diary.cgi?date=20020202

けれどもその当時、別の会社T社からも同じようなオファーがあったので隊長からの誘いを断ってT社からの話を進めようとしてた。

けれどもT社からの計画を進めるためには2ちゃんねるに対して法廷闘争をしなければならんということで、漏れを雇っていたD社の当時の社長にお伺いを立てたところ
「そんなことをするならおまえはクビだ」
と言われ、ヘタレの漏れはやもなくT社のオファーも断ることになった。

2ちゃんねるにケンカを売った会社と個人が現在どうなったかは歴史が証明しているのでしゃーない。

漏れは今もヘタレのままである。

そうこうしているうちに切込隊長氏は2ちゃんの経営から外れて今に至ることになる。
コメント

ドコモのCMに一言言わせろ

2007-03-14 15:36:33 | 日記
* 古谷徹・池田秀一によるドコモの最新ラジオCM
あ ん ま り だ ぁ ぁ ぁ ! ! !
http://www.nttdocomo.co.jp/corporate/ad/radio/index.html#p01

漏れの中でシャアのイメージがガラガラと崩れていくぞ。
やめてくれーっ



コメント

「すたじおみりす」解散!!

2007-03-04 02:49:00 | 日記
青空がっこのせんせい君 OPデモ
</object>

スタジオみりす解散のおしらせ

「すたじおみりす」は10作目である「青空がっこのせんせい君。」をもちまして解散致します。
みりすを応援してくださった皆様、また関係者の皆様、長い間本当にありがとうございました。
2007年3月2日 すたじおみりす スタッフ一同



今後もnyとnyを支援するネットワーク (みりす流に言えば“法の外の住人たち”) が存在し続ける限り、良作を作っていたエロゲメーカーが潰れていくのだろうと思うと涙を禁じえない。


青空がっこのせんせい君。
隠れ里に迷い込んだ主人公を描いた18禁ADV・・・みりすが解散してしまうと「エロゲ」という隠れ里の面積がまた狭くなってしまう・・・。



すたじおみりす

青空がっこのせんせい君。



隠れ里に迷い込んだ主人公を描いた18禁ADV。
いつか、どこかで見たような山と森、川と田畑に囲まれたその里は、懐かしい色と、音と、空気に包まれていた・・・。
日下部真人は学校教師。理想と現実の狭間で自信を無くし、職場からも日常からも逃げ出した彼が向かったのは、幼い頃を過ごした自然豊かな郷里。
だが、そこへ向かう途中、彼は自動車の運転を誤り谷底へと転落してしまった。
そして、次に彼が目を覚ましたとき、そこは天国でも地獄でもなく・・・。
迷い込んだのは隠れ里。人ならぬ身の住む、「この世」から少しずれた場所。
そこで真人は、何と出会い、何を思い、何を見つけるのか・・・。
原画はきくぢん、シナリオは玉沢円が担当。
音声はフルボイスで収録。

なんかシナリオが「雪」に似ているんですが、この際目をつぶりましょう。
だって彼らの最後の作品だもの
・゜・.。*(´△⊂)・.。*゜・。βyё.

コメント