花の公園・俳句 ing

日本は素晴しい花の国。美しい花々と公園、四季折々の風景を記録したいと思います。我流の俳句は06年3月12日からです。

初対面の ワタナベ草

2019年09月04日 09時00分30秒 | 黄・きみどり・緑の花  
きのうは筑波実験植物園へ行ってきました。

さすが筑波。花の少ない季節ですが、いくつか初対面が
ありました。

これは絶滅危惧温室の、ワタナベソウ (渡辺草)。
中央の黒い点々はオシベの葯です。

ユキノシタ科ヤワタソウ属の多年草で、学名 Peltoboykinia watanabei。
四国・九州のみに自生する日本固有種で、2019年版で
絶滅危惧II類(VU)となっている希少植物です。

高知県吾川郡名野川村(現・仁淀川町)の小学校教師で、
植物採集家の渡辺協(わたなべ なこう)が同村で1889年
(明治22)に発見し、矢田部良吉が 1892年(明治25年)に
渡辺に献名して命名したそうです。

ヤワタソウ属はヤワタソウ (東アジア) とワタナベソウの
2種しか存在しないそうです。  
   (茨城県つくば市 筑波実験植物園 2019年9月3日)


   ◆梅・さくら・ばらなどの花品種と 「公園ランキング」 の
    私のホームページはこちら→ 「花の公園 花リスト」
   ◆このブログの検索ウインドウが右上にあります。プルダウンして、
   「このブログ内で」を選択し、短い1単語だけで検索してください。
        2単語以上だと機能しません。

   にほんブログ村花ブログへ ←クリックすると私の「花の公園」に
     ポイントが入ります。 応援お願いします。






コメント

見逃していた コバノセンナ

2019年09月02日 09時00分03秒 | 黄・きみどり・緑の花  
黄色いマメ科らしい花が武蔵丘陵森林公園のハーブガーデンに咲い
ています。
調べてみると、これはコバノセンナのようです。南アメリカ原産で、
マメ科カッシア属のツル性常緑木本、学名 Cassia coluteoides。

一般名 Easter cassia、climbing cassia, Christmas senna、
スクランブルエッグ(英名)。
アンデスの花、としているサイトもありました。 

以前ハナセンナ、アンデスノオトメと呼ばれる同属の C. corymbose
をアップしました。そちらは葉が細く、こちらは卵型で丸みがあり
ます。そして夕刻になると葉を閉じるそうです。   
   (埼玉県東松山市 武蔵丘陵森林公園 2019年8月29日)


   ◆梅・さくら・ばらなどの花品種と 「公園ランキング」 の
    私のホームページはこちら→ 「花の公園 花リスト」
   ◆このブログの検索ウインドウが右上にあります。プルダウンして、
   「このブログ内で」を選択し、短い1単語だけで検索してください。
        2単語以上だと機能しません。

   にほんブログ村花ブログへ ←クリックすると私の「花の公園」に
     ポイントが入ります。 応援お願いします。



コメント

菜の花に似た青の染料植物 ウォード

2019年05月02日 08時38分20秒 | 黄・きみどり・緑の花  
これまで菜の花かと思って見過ごしてきたウォード・ハーブ。
アブラナ科タイセイ属、学名 Isatis tinctoria。

和名 ホソバタイセイ、別名に woad (ˈwoʊd), dyer's woad,
glastum, Asp of Jerusalem。

葉から採れる青/藍色の染料もウォードといいます。コーカサス、
西~中央アジア、東シベリア原産です。ヨーロッパにはインディゴ
がなかったのでこの植物を使っており、古くから広く栽培されて
いました。
また中国ではその根を生薬「板藍根」として、風邪対策として
煎じて飲んだり、うがいをする習慣があるそうです。
   (埼玉県東松山市 武蔵丘陵森林公園 2019年4月29日)

   ◆梅・さくら・ばらなどの花品種と 「公園ランキング」 の
    私のホームページはこちら→ 「花の公園 花リスト」
   ◆このブログの検索ウインドウが右上にあります。プルダウンして、
   「このブログ内で」を選択し、短い1単語だけで検索してください。
        2単語以上だと機能しません。

   にほんブログ村花ブログへ ←クリックすると私の「花の公園」に
     ポイントが入ります。 応援お願いします。



コメント

金色のテコマ

2019年03月23日 13時29分38秒 | 黄・きみどり・緑の花  
黄金色の花をたくさんに咲かせている、テコマ スタンス
(和名 キンレイジュ、金鈴樹)。

ノウゼンカズラ科テコマ属で、学名 Tecoma stans 。
ひとつの円錐花序に多い時には50個以上の花がつき、芳香が
あります。アメリカ南部から中南米が原産で、ノウゼンカズラ
と違って、つる性ではなく、現地では樹高3mほどにはなる
らしいです。ここでは鉢植えになっていました。

一般名  yellow trumpetbush、yellow bells など。
   (東京都調布市 神代植物公園 2019320)

   ◆梅・さくら・ばらなどの花品種と 「公園ランキング」 の
    私のホームページはこちら→ 「花の公園 花リスト」
   ◆このブログの検索ウインドウが右上にあります。プルダウンして、
   「このブログ内で」を選択し、短い1単語だけで検索してください。
        2単語以上だと機能しません。

   にほんブログ村花ブログへ ←クリックすると私の「花の公園」に
     ポイントが入ります。 応援お願いします。



コメント

シクラメンのようなスイセン

2019年03月14日 09時01分01秒 | 黄・きみどり・緑の花  
川口グリーンセンターでは 2019年3/9-18 で山野草展とつばき展が
開催中です。

ラン温室の山野草展で見つけた、花弁が後ろに反転する面白い花型の
水仙、キクラミネウス (シクラミネウス) 学名 Narcissus cyclamineus cv.

cyclamineus はシクラメンのことで、シクラメンザキスイセンとも
呼ばれるようです。

Weblio 辞書によると、「イギリス王立園芸協会(Royal Horticultural
Society)の分類では、ヨーロッパの西部、スペインからポルトガル
に分布するキクラミネウス種(N. cyclamineus)を親株として作出
された園芸品種群」 だそうです。
   (埼玉県川口市 川口グリーンセンター 2019年3月13日)

   ◆梅・さくら・ばらなどの花品種と 「公園ランキング」 の
    私のホームページはこちら→ 「花の公園 花リスト」
   ◆このブログの検索ウインドウが右上にあります。プルダウンして、
   「このブログ内で」を選択し、短い1単語だけで検索してください。
        2単語以上だと機能しません。

   にほんブログ村花ブログへ ←クリックすると私の「花の公園」に
     ポイントが入ります。 応援お願いします。



コメント

ケープのハニーサックル

2018年10月07日 11時30分49秒 | 黄・きみどり・緑の花  
昨日2018年10月6日から川口グリーンセンターの鑑賞温室が
改修完了で再開するというので楽しみに訪問したのですが、
たいへんな期待外れ。
展示しているラン品種は従来の3分の1 ?? ほどで、がっかり
です。時期ではないとしても、落差がありすぎ。

ハニーサックルに似た黄花を咲かせている、ヒメノウゼンカズラ。

南アフリカ、スワジランド、モザンビーク南部を原産とする、
ノウゼンカズラ科テコマ属の半つる性低木で、高さ2~3mに
なります。 学名 Tecoma capensis テコマ カペンシス。
 
プレートのひとつに Tecomaria capensis cv. Aurea と
あるので、黄花の園芸品種のようです。(Tecomaria は旧属名)

花色は橙赤色ですが、黄色の品種もあるそうです。一般名は 
ケープのハニーサックル Cape honeysuckle ですが、ハニー
サックルはスイカズラ科スイカズラ属で近縁ではないそうです。
    (埼玉県川口市 川口グリーンセンター 2018年10月6日)

    ◆さくら・ばらなど花品種と「公園ランキング」 の
     私のホームページはこちら→  「花の公園 花リスト」 
    ◆このブログの検索ウインドウが右上にあります。プルダウンして、
     「このブログ内で」を選択し、短い1単語だけで検索してください。
        2単語以上だと機能しません。

    にほんブログ村花ブログへ ←クリックすると私の「花の公園」に
      ポイントが入ります。 応援お願いします。



コメント

昨日・今日・明日

2018年10月05日 19時07分37秒 | 黄・きみどり・緑の花  
淡黄の細長いラッパ型の花を咲かせる、ブルンフェルシア 
ウンデュラタ Brunfelsia undulata。

和名をバンマツリというようです。日本で人気のニオイバン
マツリ Brunfelsia latifolia の仲間です。

ジャマイカ原産、ナス科ブルンフェルシア属の常緑木本で、
ブッシュ状ながら高さ3mほどにもなるそうです。
花期は春から夏ということは、ここの株は少し遅咲きですね。

'White Caps' という園芸品種が人気のようで、園芸名を
「昨日 今日 明日」 Yesterday-Today-and-Tomorrow と
いうしゃれたネーミングで販売されているようです。
この写真のものは黄色がかっているので、原種でしょう。

    (東京都調布市 神代植物公園  2018年9月22日)

    ◆さくら・ばらなど花品種と「公園ランキング」 の
     私のホームページはこちら→  「花の公園 花リスト」 
    ◆このブログの検索ウインドウが右上にあります。プルダウンして、
     「このブログ内で」を選択し、短い1単語だけで検索してください。
        2単語以上だと機能しません。

    にほんブログ村花ブログへ ←クリックすると私の「花の公園」に
      ポイントが入ります。 応援お願いします。



コメント

カラムシ は大変有用な

2018年09月11日 12時50分16秒 | 黄・きみどり・緑の花  
カラムシは、イラクサ科カラムシ属の多年生植物で、学名 
Boehmeria nivea var. nipononivea。

南アジアから日本を含む東アジア地域で古くから植物繊維を
とるために栽培され、別名が多く、苧、枲、紵(お)、苧麻
(ちょま)、青苧(あおそ)、山紵(やまお)、真麻(まお)、
苧麻(まお)など。

茎の皮からは衣類、紙、さらには漁網にまで利用できる丈夫
な靭皮繊維が取れるため6000年前から栽培されてきた。
このため日本に自生するカラムシは史前帰化植物であった
可能性が指摘されている。『日本書紀』持統天皇7年(693年)
条によれば、民に栽培を奨励すべき草木の一つとして「紵
(カラムシ)」が挙げられている。

中世の越後国は日本一のカラムシの産地だったため、戦国
大名として有名な上杉謙信は衣類の原料として青苧座を通じ
て京都などに積極的に売り出し、莫大な利益を上げた。
新潟県の魚沼地方で江戸時代から織られていた伝統的な織物、
越後縮はこれで織られていた。また上杉氏の転封先であった
出羽国米沢藩では藩の収入源のひとつであった。
(参考: Wikipedia)

そんなすごい植物が今ではまったく単なる雑草扱いですね。
    (東京都調布市 神代植物公園 2018年9月6日、
              同 2012年9月14日)

    ◆さくら・ばらなど花品種と「公園ランキング」 の
     私のホームページはこちら→  「花の公園 花リスト」 
    ◆このブログの検索ウインドウが右上にあります。プルダウンして、
     「このブログ内で」を選択し、短い1単語だけで検索してください。
        2単語以上だと機能しません。


    にほんブログ村花ブログへ ←クリックすると私の「花の公園」に
      ポイントが入ります。 応援お願いします。




上3枚は 神代植物公園 2018年9月6日。

これは 同 2012年9月14日。
コメント

これでもユリ科の

2018年08月24日 20時46分53秒 | 黄・きみどり・緑の花  
久しぶりに花の取材に神代植物公園へ。台風のせいか駐車場に
クルマが2台しかいないという、超閑散状態でした。しかし
そういう時にたいへん珍しいものに出会いました。犬も歩けば、
ですね。

サボテンのコーナーに小ぶりの黄色の花を咲かせている、
ケファロペンタンドラ・エキローサ。
 
ここが改装して毎年来ていますが、この花は初めてです。
ユリ科の塊根植物で、学名 Cephalopentandra ecirrhosa。
百合というよりもカボチャか地這いキュウリの感じがします。

ケニア、ウガンダ、エチオピアに分布し、雌雄異株だそうです。
私が花を見ていると、管理しているらしいおばさんが、これが咲く
のは初めて見たと言っていました。この株は花の根元が膨らんで
いないので、どうやら雄株のようです。

そうとは知らず、塊根は撮り忘れました。
    (東京都調布市 神代植物公園  2018年8月24日)

    ◆さくら・ばらなど花品種と「公園ランキング」 の
     私のホームページはこちら→  「花の公園 花リスト」 
    ◆このブログの検索ウインドウが右上にあります。プルダウンして、
     「このブログ内で」を選択し、短い1単語だけで検索してください。
        2単語以上だと機能しません。

    にほんブログ村花ブログへ ←クリックすると私の「花の公園」に
      ポイントが入ります。 応援お願いします。



この花の根元はスッキリしています。雄株のようです。


コメント

般若のストライプ

2018年06月24日 07時01分07秒 | 黄・きみどり・緑の花  
細長い花びらの黄色い花を咲かせている、アストロフィツム
オルナツム、和名を般若 ( はんにゃ)。
サボテン科アストロフィツム属、学名 Astrophytum ornatum 。 

花びらはかなり細長く、すき間が空いています。

メキシコ原産の柱サボテンで、幼時は球形、成長すると柱状になり
ます。同属の中で最大で最も育てやすいということです。

8本の稜線は切れ込みが深く、鋭く長いトゲを持っていて、稜には
ウールのような斜めのストライプが入ります。このストライプが
般若のイメージでしょうか。

英名は the bishop's cap (司教の帽子)、monk’s hood cactus 
(修道士のようなサボテン)。
    (茨城県つくば市 筑波実験植物園 2018年 6月17日、
                  同 2017年4月20日)

    ◆さくら・ばらなど花品種と「公園ランキング」 の
     私のホームページはこちら→  「花の公園 花リスト」 
    ◆このブログの検索ウインドウが右上にあります。プルダウンして、
     「このブログ内で」を選択し、短い1単語だけで検索してください。
        2単語以上だと機能しません。

    にほんブログ村花ブログへ ←クリックすると私の「花の公園」に
      ポイントが入ります。 応援お願いします。

メインは 筑波実験植物園 2018年 6月17日。
これは 同 2017年4月20日。同じ株ですね。


これは  筑波実験植物園 2018年 6月17日 の別株。
ストライプがまだ出来ていません。
コメント

見慣れたはずの

2018年05月01日 13時01分34秒 | 黄・きみどり・緑の花  
地面を覆うようにまばらに小さな黄色の花を咲かせる、
キジムシロ (雉莚、雉蓆) 。バラ科キジムシロ属の多年草で、
学名 Potentilla fragarioides var. major、
(シノニム:Potentilla sprengeliana )
 
見慣れた花でもうアップしたと思っていましたが、写真が
1枚も残っておらず、初ものになってしまいました。
日本全国と朝鮮に分布しています。

和名の由来は、花後の葉が放射状に展開し、その株の姿が
キジが休むムシロに例えられたことによるそうですが、なん
とも難解な命名ですね。
    (茨城県つくば市 筑波実験植物園 2018年 4月19日)

    ◆さくら・ばらなど花品種と「公園ランキング」 の
     私のホームページはこちら→  「花の公園 花リスト」 
    ◆このブログの検索ウインドウが右上にあります。プルダウンして、
     「このブログ内で」を選択し、短い1単語だけで検索してください。
        2単語以上だと機能しません。

    にほんブログ村花ブログへ ←クリックすると私の「花の公園」に
      ポイントが入ります。 応援お願いします。

葉がイチゴのようですね。イチゴもバラ科です。


コメント

白い兵隊さん?

2018年04月26日 07時01分08秒 | 黄・きみどり・緑の花  
槍の形の穂に白いつぼみから薄緑の花を咲かせる、ドリミオプシス 
マクラータ。
ヒヤシンス科ドリミオプシス属、学名 Drimiopsis maculata。

多肉植物として売られたりしているそうですが、球根です。

英語名 Little White Soldier は花穂の形・色からでしょう。 
Leopard Plant は葉に茶色の斑がはいることから、と思われます。
また African hosta (ギボウシ)。
南アフリカ、スワジランド、タンザニアに分布しています。
    (茨城県つくば市 筑波実験植物園 2018年 4月19日、

    ◆さくら・ばらなど花品種と「公園ランキング」 の
     私のホームページはこちら→  「花の公園 花リスト」 
    ◆このブログの検索ウインドウが右上にあります。プルダウンして、
     「このブログ内で」を選択し、短い1単語だけで検索してください。
        2単語以上だと機能しません。
   
    にほんブログ村花ブログへ ←クリックすると私の「花の公園」に
      ポイントが入ります。 応援お願いします。






コメント

花はひそかな チャイニーズ・ホーリー

2018年04月09日 09時45分07秒 | 黄・きみどり・緑の花  
薄緑の小さな花がふんわりと集合花になっている、
ヒイラギモチ。
モチノキ科 モチノキ属、学名 Ilex cornuta 。

中国原産で、別名チャニ-ズ・ホ-リ-。以前その
赤い実が美しいのをアップしていました。花は密か
で、木陰では見落としてしまうところでした。
葉は革質、互生する長方形で縁に針状の鋭い刺が
あります。
    (埼玉県川口市 花と緑の振興センター 2018年4月7日)

    ◆梅・さくら・ばらなどの花品種と 「公園ランキング」 の
        私のホームページはこちら→ 「花の公園 花リスト」
    ◆このブログの検索ウインドウが右上にあります。プルダウンして、
      「このブログ内で」を選択し、短い1単語だけで検索してください。
        2単語以上だと機能しません。

    にほんブログ村花ブログへ ←クリックすると私の「花の公園」に
      ポイントが入ります。 応援お願いします。



コメント

着生する 夜叉

2018年03月14日 09時00分13秒 | 黄・きみどり・緑の花  
薄緑の小さな花を咲かせる、ヤシャビシャク(夜叉柄杓)。
スグリ科スグリ属、学名 Ribes ambiguum Maxim (旧ユキノシタ科)。

日本(本州、四国、九州)と中国西部に分布。
大木に着生する高山植物で、高さ30〜50cm の落葉性小低木。
花期は春です。
「やまくさ手帳」さんによると、大木のウロなどに着生する
ことが多く,自然下で発見することは容易ではないそうです。

和名の由来は樹形か、実の様子か、諸説があるようです。
環境省レッドデータで 準絶滅危惧(NT)(2018年3月現在)。
    (埼玉県川口市 川口グリーンセンター 2018年3月10日)
     (茨城県つくば市 筑波実験植物園  2015年4月12日)

    ◆梅・さくら・ばらなど花品種と 「公園ランキング」 の
     私のホームページはこちら→  「花の公園 花リスト」 
    ◆このブログの検索ウインドウが右上にあります。プルダウンして、
    「このブログ内で」を選択し、短い1単語だけで検索してください。
        2単語以上だと機能しません。

    にほんブログ村花ブログへ ←クリックすると私の「花の公園」にポイントが入ります。 
      応援お願いします。


上2枚は 川口グリーンセンター 2018年3月10日。

これは 筑波実験植物園 2015年4月12日。
コメント

繊毛のあるゴールデン・トランペット

2018年03月03日 19時01分20秒 | 黄・きみどり・緑の花  
黄色いノウゼンカズラ型の花を咲かせている、キバナイペ
(またコガネノウゼン)。

イペ ipê amarelo はポルトガル語で、ブラジルの国の木と言われて
います。花の色・形から、一般名をゴールデン・トランペット・ツリー。
花の中心の花弁にはふわふわの繊毛があるのが面白いですね。

ブラジル原産で、ノウゼンカズラ科の半落葉高木、学名
Tabebuia chrysotricha 。
2007年に Tabebuia 属が3つに分割され Handroanthus chrysotrichus 
とされました。

ノウゼンカズラ科ですが高木になり、時に樹高20mにもなるそうです。
ここでは鉢植えで1.3m 程ですが、大型の樹形いっぱいに黄色の花を
付けるのはなかなか壮観だそうです。
    (東京都調布市 神代植物公園  2018年3月1日)

    ◆さくら・ばらなど花品種と「公園ランキング」 の
     私のホームページはこちら→  「花の公園 花リスト」 
    ◆このブログの検索ウインドウが右上にあります。プルダウンして、
     「このブログ内で」を選択し、短い1単語だけで検索してください。
        2単語以上だと機能しません。

    にほんブログ村花ブログへ ←クリックすると私の「花の公園」に
      ポイントが入ります。 応援お願いします。





これはつぼみです。
コメント