ROCKY MUSEUM (館長日記)千葉県生まれ、千葉県育ち、千葉県在住のラーメン大好きロッキーが日々食べ歩き

CHIBA RAMEN MUSEUM(facebook公開グループ)管理人ロッキー大活躍⭐︎23百万ヒッツ超の人気ブログ

【特集】2011年2月自家製麺にシフトした行徳のがんこ11代目

2011年02月19日 | ラーメンレポ(市川市ー東京メトロ東西線)

1994年3月、神奈川県・新横浜に元祖ラーメンテーマパーク「新横浜ラーメン博物館」がグランドオープン。

この年辺りから日本全国に「ラーメンブーム」が巻き起こります。

そしてその流れはもちろん千葉県市川市にも。

ラーメン博物館がオープンした翌年、市川と浦安を結ぶバイパス沿いに一軒の有名店がオープンします。

その名は、「一条流がんこ11代目」。

オープンは11代目にちなんで、6月11日。

明るくて気さくな店主の三田さんは、行徳のお客さんにあった「がんこ」を目指して日々研磨。

初めは醤油ラーメン一本で勝負。半熟トロトロの玉子や、ドンブリを覆うくらい大きくて美味しいチャーシューも評判でした。

その後2000年代に入って、塩ラーメンをリリース。

そして味噌ラーメンを出すなど、新メニューの開発にも力を注いできました。

そんな一生懸命な三田さんが、(前々から準備はしていらっしゃったとは思いますが)今年から自家製麺にもチャレンジ。

2011年2月1日(火)の営業からの自家製麺スタートとなりました。

創業時から~真っ黒い外装に、牛の骨がぶら下がっていれば、営業中のサイン。

客席の奥に鎮座する吉野麺機の製麺機。

掃除も行き届いてますね。

スタート当初はつけ麺用の太麺が自家製麺に。加水率45%、切り刃は大勝軒と同じ17番。じきに11番になるのかな??ww

つけ麺は2月いっぱいは、味噌つけ麺。3月からは塩煮干しつけ麺になるそうです。

なお私が伺った情報では、お客さんのリクエストでらーめんを自家製太麺にチェンジ出来るのと、そろそろ細麺も自家製麺にシフトしていくそうです。

こちらが打ち立ての太麺。

行徳の丸京味噌や他の味噌をブレンドして仕上げた味噌ラーメン。 まろやかな甘さがGOODですね。

背脂の入らない淡麗系の塩ラーメン。 自家製の太麺でも充分美味い!

もちもちした太麺。

クリアな塩スープ。

続いて、味噌つけ麺の太麺。 この麺のみずみずしさ~!色白で美しいですw

こちらも行徳の丸京味噌を配したツケダレ。

脂は自家製太麺に合うように改良しているそうです。イノベーションです!

あ、市川市のラーメン屋さんですから、コルトンも入ってます、え~四角いコルトン、クルトン(おやじギャグw)

ツケダレの持ち上げ具合が、良いです。

ジャストフィット、良く絡んで美味い!

最後はスープ割りでフィニッシュ。 ツケダレの底には、美味しいブロックチャーシューがゴロゴロしてます。

美味しかった、ごちそうさまでした。

最後に、これから自家製麺にあわせて新メニューも順次投入していくそうです。

今年はがんこ11代目に注目です!

 

*「がんこ11代目@行徳」のHP営業情報はこちらです!

http://ramen-museum.jp/tenpo.php?no=5

『グルメ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 今年の4月は選挙へ行こう!... | トップ | 美味しくて止まらない~コン... »
最近の画像もっと見る

ラーメンレポ(市川市ー東京メトロ東西線)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事