ROCKY MUSEUM (館長日記)千葉県生まれ、千葉県育ち、千葉県在住のラーメン大好きロッキーが日々食べ歩き

CHIBA RAMEN MUSEUM(facebook公開グループ)管理人ロッキー大活躍⭐︎28百万ヒッツ超の人気ブログ

【千葉拉麺情報】【新店】「らー麺ゴルジ@旭市飯岡」千葉県の新たなる秘境系野獣ラーメンの全貌☆

2013-09-27 | 銚子・旭・匝瑳・東金・茂原・長生郡

さてはるばる来たぜ~「らー麺ゴルジ」~♪

それにしてもワイルドな、野性的なロケーション。

*「らー麺ゴルジ」の営業情報はこちらです! http://ramen-museum.jp/tenpo.php?no=274

こちらが背脂、こってり、らー麺 ゴルジのメニュー表。

ラーメン1種類のみ。

注)2013年9月22日現在です。

「ゴルジらー麺」は、動物を知り尽くす男、パンク町田さんの考案。

ここはもともと、動物研究施設、ULTIMATE ANIMAL CITY(UAC)の敷地で、

このラーメン屋さんの反対側は、そういった施設になっています。

写真の方が、UACのエグゼクティブ・プロデューサーの二階堂さん。

そして上半身裸で、厨房に立っておられる方が、パンク町田さん。

ゴルジらーめんの生みの親ですが、

本職は、

昆虫から、爬虫類、鳥類、猛獣といった野性の生物を扱うことが出来る「アニマリスト」。

土日祝は一般開放している、動物研究施設の方へ。

毒のない小さい蛇、掴んでみる??

え?

すごい勇気☆

私は、アリゲーター。

子供のワニを掴んでみました。

生まれて初めての経験。

童心に帰って、おどけています(笑)

なんかワニ皮を持っている感じでしたが、結構暴れます。

続いて、こちらが、あのカメラのキャノンのCMに出ているフクロウ。

重たい?かと思いきや、

たったの1キロ。

赤ン坊の三分の一の重さ。

軽い。

さてそろそろお腹も空いたので、ラーメンへ!

パンク町田さんは、ラーメンが大好きで、千葉県内のラーメン屋さんを食べ歩いているそうですが、ご自分が食べたいラーメンが、

周りになかったので、それでは自分で作ってしまえ!

との思いで、

一念発起、

いろんな食材を取り寄せて、試作を重ねて、三元豚の豚骨やSPFポークに注目。

今年に入って、念願のオープンを果たしました(1月5日)。

ラーメンを作る姿は真剣そのもの。

独学で、湯切りも上手いし、

背脂に関しては、チャッチャ系というよりも、

すりこぎ棒でゴリゴリする姿は、背脂ゴリゴリ系とでも言いましょうか、

さらに背脂のボリュームは、

なりたけのギタギタを10倍返しでもしたかのヘビーな量。

「ゴルジらー麺(680円)」が着ドン!

麺が中太麺ですが、モチモチというよりはむしろ、サクサクした食感。

食べやすいですね。

この国産フレッシュな背脂の量は半端ではございません。

チャーシューが、最近の流行りでしょうか、ちょっとショッパイ。

そしてトロリとろけるチャーシューですね。

味玉がまたとろっとしていて、旨い!

こちらは大盛りの代わりに、替え玉。

替え玉は、なんと細麺。

こちらはサイドメニューの煮卵丼。

ワサビ醤油のタレがまた斬新。

こちらはとろりとろける数量限定のチャーシュー丼。

閉店後、もう一回、実演してくださいました!

背脂ゴリゴリ系!

*「ラーメンウォーカー千葉2014(10月11日発売)」もお楽しみに!

*「らー麺ゴルジ」の営業情報はこちらです! http://ramen-museum.jp/tenpo.php?no=274


この記事についてブログを書く
« 【千葉拉麺情報】【新店】「... | トップ | 9月27日(金)のつぶやき »
最新の画像もっと見る

銚子・旭・匝瑳・東金・茂原・長生郡」カテゴリの最新記事