ROCKY MUSEUM (館長日記)千葉県生まれ、千葉県育ち、千葉県在住のラーメン大好きロッキーが日々食べ歩き

CHIBA RAMEN MUSEUM(facebook公開グループ)管理人ロッキー大活躍⭐︎25百万ヒッツ超の人気ブログ

【昭和のノスタルジー】「中華西洋料理 来々軒@本八幡」でタンギョウを頂いていたら、店内の鏡に来々軒の歴史を発見!

2018-06-13 | ラーメンレポ(市川市ー本八幡駅周辺地域)

【昭和のノスタルジー】「中華西洋料理 来々軒@本八幡」でタンギョウを頂いていたら、店内の鏡に来々軒の歴史を発見!

前回はラーメンを頂きましたので、今回は市川市民なら誰でも食べたあのタンメンと餃子。

創業1953年の市川駅北口にあった「ひさご亭本店」

そこでいただくジャンボ餃子とタンメンは、市川市民のソウルフードでした。

再開発で無くなった市川本店の代わりに、今は市川大野の支店で、タンメンとジャンボ餃子を頂くことが出来ます。

では来々軒に戻って、創業40年余の本八幡の来々軒。

このお店の歴史を、店内の鏡に発見。

江戸川、王子、幡ヶ谷、千住、阿佐ヶ谷、以上の来々軒から、寄贈された鏡。

ネットで調べると、2018年6月現在、閉店してしまった来々軒がほとんど。

そういった意味でも、本八幡の来々軒はライブで貴重な存在。

【ロマン溢れる「来々軒」のラーメン】ラーメンの歴史を紐解くと見えてくる真実とは?!創業40年余、本八幡の来々軒で一杯のラーメンを食する

いろんな野菜がたっぷり入ったタンメン、これは美味しい!

カリッと焼いた餃子に、野菜たっぷりの餡。

これも貴重な歴史的な証拠。

都内の来々軒グループの一派。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 【雑感】【東海道新幹線刺殺... | トップ | 6月13日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

ラーメンレポ(市川市ー本八幡駅周辺地域)」カテゴリの最新記事