隠れた名店

本日は浅草演芸場で代演。12時45分にあがる。団体も入り、立ち見もでる。そして池袋演芸場に14時45分あがり。こちらはちょいとさみしい入りだが陽気なお客さん、おっさん多い。
夜はまたもや池袋演芸場で鈴々舎風車さんの会。同じ一門の二つめである。
わからないことは風車さんに聞いたりして、いろいろとお世話になっている。2回目の会らしいがお客さんもかなりあたたかくて非常にやりやすかった。

そして打ち上げで中華屋さんに入ったのだが笑うくらい態度が悪かった。
「すいませ~ん」
「はぁ?」
「ビール2本下さい」
「……」

「はぁ?」ってあなた…。その後、無言って。終始こんな感じである。ここまでくると気持ちがよい。

「ラストオーダーです」
「あ、大丈夫です」

という会話の後、となりのテーブルの会話
「焼酎のボトルを」
「はい、かしこまりました」

…いやいやラストオーダー終わったんじゃねぇのかよ!しかもボトルって!

結局店員のおねえちゃんはずぅっと機嫌が悪い顔をして接客していた。

う~む、なかなか面白いお店だったな。でも料理はおいしかったです。


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 新宿にて にぎわい座 »
 
コメント
 
 
 
池袋の迷店・・・? (マリンカ)
2006-07-22 17:03:17
本当は浅草は“演芸場”ではなく“演芸ホール”なんですよ~、ってなんであそこだけ「ホール」ってつくんだろう。

池袋の中華屋さんで落語家さんが行きそうなところは「茶館」かな?違うかな。



店員さんには「ムカ!」ですが、料理が美味しかったのは良かったですね。
 
 
 
そうでした (ロケット団★三浦)
2006-07-22 22:59:14
演芸ホールでした、失礼しました。

こりゃお恥ずかしい・・



池袋の店の名前はなんだったかな??

店の名前は覚えてないのですが、看板に「たーロー麺」って書いてあったような・・・

でもおいしくてよかったです。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。