To Read, or Not To Read, That Is The Question

読むべきか、読まざるべきか、それが問題ダッ。

J・R・R・トールキン 『指輪物語 王の帰還』(再読)

2012-04-30 | 海外作家 タ
ようやく読み終わりました。そして、いかに記憶違いが多かった
ことか軽く自己嫌悪に陥ってしまいました。

前巻「二つの塔」では、もともと9人いた旅の仲間が途中で2人
減ってしまい、パーティーは3方向に分かれて、そのうち指輪保持者
であるフロドと、その仲間サムのふたりだけで、旅の目的である、
指輪をモルドールというところにある火山の噴火口に投げ捨てる
ために、悪の帝王サウロンのいるモルドールへと登ってゆくので
すが、道案内のゴクリに騙されてフロドはオークどもに捕われて
しまいます。

なんとか逃げたサムは、フロドの行方を探し、モルドールにある
塔に侵入、フロドを発見します。塔から脱出したふたりは、食べ物
も飲み物もほとんど取らず、フラフラになりながらも、火山を目指し
て歩いていきます。

一方、メリーとピピン、アラゴルンとレゴラスとギムリ、そして谷底
から復活してきたガンダルフの6人は合流し、ローハン国とゴンドール
の軍に入ります。

アラゴルンは、レゴラス、ギムリと、裂け谷から派遣されてきたエルフ
の戦士と野伏を連れて、「死者の道」と呼ばれる別のルートで向かうの
ですが・・・

そして、いよいよモルドールから大軍勢がゴンドールに向けて押し寄せて
きます。はじめは劣勢に立つゴンドール軍、しかしローハン国から応援部隊
が到着すると形勢は逆転しますが、敵はさらに押し返してピンチとなります。

ようやく別ルートで向かって来たアラゴルン、なんと船に乗って登場。
ゴンドールとモルドールの間に流れるアンドゥインという大河がある
のですが、じつはモルドール側は南の国からの援軍をアンドゥインに
待機させていたのです。
そこに、大量の幽霊を引き連れたアラゴルンが、船に乗っていた兵士たち
を蹴散らし船を奪って、ゴンドールへと向かったのでした。

この「幽霊」というのは、死者の道にいる幽霊で、前の指輪戦争のときに
死んだ兵士たち。先の戦争で活躍した戦士の末裔であるアラゴルンが彼らを
長い眠りから目覚めさせ、仲間にします。

なんとか勝ったゴンドール軍ですが、しかしこれで悪の帝国が滅びたわけで
はありません。モルドール「黒の門」へと向かうガンダルフ一向でしたが・・・

最終的に、フロドは指輪を噴火口に投げ捨てることになるのですが、その
方法とは、かつてガンダルフに「何かに利用できるかもしれぬ」と言われ
ていたことがあり、(それ)とともに指輪は消滅。

ようやく彼らの旅は終わり、と思いきや、ここからまだまだ続きます。
旅の終着点はホビットの4人がホビット庄に到着。しかし、何か様子が変。
なんと4人は警察に捕まってしまうのです・・・


今回再読してみて、(記憶違いは別にして)前に読んだときの疑問や謎が
解明して、さらに、前はあまり感動しなかったシーンに感動したり、その
逆もあったり、なかなか有意義でした。
また数年後に再読してみたいと思います。


コメント   この記事についてブログを書く
« J・R・R・トールキン 『... | トップ | J・R・R・トールキン 『... »

コメントを投稿

海外作家 タ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事