ロビンソン本を読む

本とデザイン。読んだ本、読んでいない本、素敵なデザインの本。

おまえはケダモノだ、ヴィスコヴィッツ

2019-11-17 11:18:54 | 日記
 アレッサンドロ・ボッファ『おまえはケダモノだ、ヴィスコヴィッツ』





 カバーに描かれた狼のような、魔物のようなイラストと、タイトルの「おまえはケダモノ」とが、不吉な印象を与える。

 読んでみると、少し変わった味わいの面白い短編が続く。

 イラストをよく見ると、確かに、禍々しいというより、楽しそうな様子だ。

 
 タイトルにもなっている「おまえはケダモノだ、ヴィスコヴィッツ」は、一番後ろに入っているので、最後に読んだ。

 正直、何を言っているのか理解できない話だったが、おかしかった。

 それは、それまで読み続けてきた、そのほかの話のテイストに慣れたからだろう。

 
 21編の物語、主人公の名前は、どれもヴィスコヴィッツ。

 ただし、別の生き物だ。

 ヤマネ、カタツムリ、ヘラジカ、サメ、コガネムシなどなど。

 それぞれの生態に忠実ながら、人間のように思考するものだから、どのヴィスコヴィッツも矛盾を抱え混乱する。

 擬人化とは違うのだ。

 サソリのくせに、そんなこと考えるなよ、そんなふうに思ってしまう。

 考えすぎないで、もっと気楽に生きなよと。

 では、人間はどうなのだろう。

 この物語に、人間のヴィスコヴィッツは登場しない。

 人間に対しても、同じことが言えるのだろうか。

 考えすぎるなと。

 そうなのかもしれない。

 考えていくと、考えすぎない方がいいと気づくのだ。

 この物語は、意外と深いのかもしれない。


 装丁は水木奏氏、装画はスズキコージ氏。(2019)



コメント   この記事についてブログを書く
« スエロは洞窟で暮らすことにした | トップ | 犬の心臓・運命の卵 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事