ロビンソン本を読む

本とデザイン。読んだ本、読んでいない本、素敵なデザインの本。

ブレイクの隣人

2019-07-29 18:10:08 | 日記
トレイシー・シュヴァリエ『ブレイクの隣人』




 表紙から背にかけて絵が広がっている。

 その上で白く抜かれた日本語のタイトル文字が、最初は少しつかみにくい。

 縦に組まれ、表紙の左右両脇に分かれて「ブレイクの」と「隣人」が入っているのだが、絵の一部のように感じられる。

 そのタイトル文字に挟まれて、中央に横組みでオリジナルのタイトル「BURNING BRIGHT」と著者・翻訳者名が入っている。

 ちょうど緞帳の絵の上にのった著者・翻訳者名が、一番先に目に飛び込んでくる。

 よく見ると、サーカスの絵だ。

 クレジットから、作中登場する実在したサーカス団だとわかる。

 1800年代に描かれた古い絵。

 カバーを広げてみると、折り返した袖にまで、観客席の絵が続いている。

 そうしてやがて、一番大きいタイトル文字の存在に気づく。

 
 1792年から1793年にかけてのロンドン。

 田舎から引っ越してきた椅子職人の家族と、関わる人たちの物語。

 猥雑な匂いがプンプン漂ってくる街で、いい人、嫌な奴、様々な人の生き様が描かれている。

 はじめは変人に見えたウィリアム・ブレイクが、少年と少女を優しく導いて彼らの成長を助ける。

 彼の詩が、この時代に密着している。


 大胆で繊細な物語は、丁寧に作り込まれた表紙や、その他の部分の細やかさと同調している。

 装丁は柳川貴代氏。(2019)





コメント   この記事についてブログを書く
« 宝島 | トップ | 愛と笑いの夜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事