ロビンソン本を読む

本とデザイン。読んだ本、読んでいない本、素敵なデザインの本。

日本語の作法

2018-10-06 23:08:35 | 日記
外山滋比古『日本語の作法』





 「先生、その話まえにも聞きました」
 無邪気にそんなことが言えるのは、子どものときだけだろう。

 大人になり、カルチャースクールで詩吟を習っているとする。
 齢八十の先生は優しいおじいちゃんで、話も面白い。
 でも、何度も同じ話題が出てきて、そのことを先生自身は気づいていない様子。
 受講生たちはみな大人なので、初めて聞くようなふりをしてあげる。

 『日本語の作法』を読んでいると、そんな気分になる。

 装丁と本文組の柔らかさは、なんとも心地いい。
 中見出しの文字も、ひとつひとつ加工してある。
 既存のフォントをいじっているようだけど、ときおり手書きのようにも見える。

 しかし、いまはデザインの変わってしまった文庫本しかないようで、ちょっと残念。

 デザインはchutte。(2014)



ひとつひとつの中見出しを、このように組んでいくのは、きっと大変な作業





万年筆のインクのような、微妙なグラデーション


コメント (3)   この記事についてブログを書く
« ミナの物語 | トップ | ナイーヴ・スーパー »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初めまして (Stargate)
2018-10-07 12:52:04
初めまして。
中古書籍等の反浴びをしています。
本好きの方のブログ、大好きです。
読者登録させていただきます。
よろしくお願いいたします。
追伸・・・ (Stargate)
2018-10-07 12:53:27
誤字がありました💦
正しくは「中古書籍等の販売をしています」
です。
御免なさい。
ありがとうございます (ロビンソン)
2018-10-07 21:36:32
Stargateさま

コメントありがとうございます。
偏りのある選書ですが、少しでも楽しんでいただけたら嬉しいです。
すぐに絶版になってしまう本が多いので、中古書籍は大事です。
これからもよろしくお願いいたします。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事