ロビンソン本を読む

本とデザイン。読んだ本、読んでいない本、素敵なデザインの本。

帰れない山

2019-12-24 17:48:19 | 日記
パオロ・コニェッティ『帰れない山』





 公園を、楽しそうに走り回る小学生の男の子たちを見て、思い出したことがある。

 世界は目の前にしかなく、一緒にいる友人は、いつまでもそばにいる。

 しかし、成長するにつれ、少しずつ世界は広がり、仲良しだった友人と離れていく。

 大人になると、あれほど一緒にいる時間が楽しかった友人が、見知らぬ人になってしまったと気づく。



 都会に住む少年は、夏の休暇になると、両親と山あいの村で過ごすようになった。

 少年はそこで、牛の放牧を手伝う少年と知り合う。

 干し草や土、薪の煙の匂いをまとったブルーノ。

 廃屋から挽き臼を転がし、川に落として魚を獲ろうという。

 街の少年にとって、この思いつきは無謀で魅力的だ。

 子どもらしい2人の友情は、成長とともに変わっていく。



 子どもの頃から、同じ場所に住み、まったく変わらないように見えるブルーノ。

 生活が変化し、人生に疲れ始めたような主人公にとって、そんな旧い友人の姿は、昔と同じ頼もしく映る。

 心の奥の大事なものは、子どもの頃に育まれる。

 それは一生消えないのかもしれない。

 
 装画は杉山巧氏。(2019)





コメント   この記事についてブログを書く
« 地球の中心までトンネルを掘る | トップ | シンコ・エスキーナス街の罠 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事