ロビンソン本を読む

本とデザイン。読んだ本、読んでいない本、素敵なデザインの本。

なにかが首のまわりに

2019-09-10 17:57:30 | 日記
チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ『なにかが首のまわりに』




 美しい黒人女性の横顔が描かれたカバー。

 右端、縦にまとめられたタイトル、著者名などは、イラストに比べて控えめなのに、不思議なほど可読性がいい。

 本を開く。

 袖に著者の写真があり、ハッとするほどの美人。カバーのイラストは著者なのだろう。


 12の短編。

 舞台はナイジェリア、またはアメリカ。

 家族、夫婦、恋人、友人、見知らぬ他人との関係を、ピンセットでそっと言葉を並べるように描いていく。

 人と人は分かり合えるのか、それとも理解できないものなのか。

 少々、悲観的な見方をしているようにも感じる。

 それは、著者がアフリカ出身で、黒人で、女性ゆえに受ける、他人からの眼差しや、言葉の端々に感じる差異に気づいてしまうからだろう。

 著者のそんな繊細さの表れた物語。


 「アメリカ大使館」は、ナイジェリアのアメリカ大使館で、難民ヴィザの申請をする女性の話。

 迫害された証拠が必要だと言う担当者に、女性は不信感を募らせる。

 「…おそらくヤシ油で料理などしない人、しぼりたてのヤシ油が鮮やかな、鮮やかな赤色をしていて、時間がたつと凝固して、ごつごつしたオレンジのようになる、そんなことさえ知らない人だ」

 とはいっても、相手も血の通った人間、本気になって話せば、こっちのことを理解してくれるのではないか、そんな考えは甘いのだろうか。


 カバーデザインは鈴木成一デザイン室、装画は千海博美氏。(2019)


コメント   この記事についてブログを書く
« 穴の町 | トップ | ヴェネツィアの出版人 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事