ロビンソン本を読む

本とデザイン。読んだ本、読んでいない本、素敵なデザインの本。

わたしは英国王に給仕した

2019-11-01 13:53:52 | 日記
ボフミル・フラバル『わたしは英国王に給仕した』
 




 カバーのイラストが可愛らしい。

 背筋をピンと伸ばした給仕が、ドームカバーがのったトレイを指3本で持ち、顎を上げて澄ましている。

 明るく賑やかな色合いが、楽しそうな物語をイメージさせる。

 
 ホテルのレストランで、給仕見習いとして働き始めた少年。

 職場を移り、少しずつ出世していく半生が綴られている。

 イラストのように、コミカルで、楽しい雰囲気に満ちている。

 ちょっと嫌な人も登場するけれど、愛に溢れた安心感がある。

 ところが、暗い影が少しずつ広がってくる。

 戦争が引き起こす混乱と、露わになっていく人間の醜さ。

 辛い出来事を経験し、年を重ね、かつての少年はホテルのオーナーにまでなる。

 しかし、心は満たされない。

 他人と人生に対して理解をしつつも、諦めの気持ちが強くなり希望を失っていく。

 それでも、エチオピア皇帝に給仕し勲章をもらったことの誇りはなくさず、それがこの物語の愛らしさを最後まで支える。

 
 カバーデザインは加藤賢策氏、カバー装画はアイハラチグサ氏。(2019)



コメント