クーチミラン

根を、張るときと花の咲くとき

幸運第5回目と6回目「長崎くんち」本番 撮影行5日目

2016年10月14日 | 歳時記
朝5時起床、6時には出発しました。宿は妻の叔父さんのご自宅です。朝、雲があり少しの心配はありました。目指す場所は徒歩で約10分ほどの近さでした。もう数年も前から「くんち」へのご案内を戴いていました。叔父さんは地元の方ですし若い頃は祭りに関わっておられたこともあり、日本の祭りは徳島阿波おどりだけではないよ、との誇りを持っておられるようでした。有料の桟敷券を確保して戴いていました。桟敷はマス席で一応、4名用ですが大人だけなら狭い感じです。私達は叔父さんの娘さん(妻の従妹)との3人でしたのでゆとりがあり撮影には何の不都合もありませんでした。階段状に設けられた桟敷の略、中段ほど位置に私達の席が在りました。踊りは神事であることから席では約3時間、脱帽が求められました。踊りの内容で主となるものは極めて男性的で従事しておられるのは屈強の若い男性群でした。山車を引っ張ったり、押したり、回転させたり、更には参道階段を数段ずり下ろして又、引き上げる、という迫力に充ち満ちたものが数回繰り返されました。しかし、にも拘わらずその勇ましさからは考えられない実に品格を感じさせるものがありました。其処に規律が伴っていたからではないか、と推量します。やはり、神事の持つ気高さでしょう。撮影中、レンズを向けた踊馬場との直線上に座高が高い女性が1人、シャッターチャンスの時に立ち上がってスマホで撮影される女性が1人おられ私は最後まで相当の忍耐を強いられました。祭りが進行する内に天気は快晴となりました。結果的には期間中、この日のみ天気に恵まれていたのです。これは私にとっては第5回目の幸運でした。桟敷が終わってから街中の数カ所での演舞撮影に案内してくださいました。そして最後に再び同神社へ戻り撮影に当たりましたが、神輿を担がれる人達に拍手をする時、不用意にもカメラを落としてしまいました。下は石畳、ゴン、という鈍い音を発しました。妻も従妹の方もその音を聞いてられ更に、見知らぬ男性からも「良いカメラ、大丈夫ですか」と訊かれました。カメラよりも撮影済のカットがどうなるか、が心配でした。お世話になっている家に戻ってから通常使用する各種の機能を点検しましたが、問題はなさそうでした。これが6回目の幸運です。その後も撮影はちゃんと出来ています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「長崎くんち」撮影行4日目  | トップ | あとがき(「長崎くんち」撮... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

歳時記」カテゴリの最新記事