クーチミラン

根を、張るときと花の咲くとき

パネトーネ

2017年07月30日 | ブログ
ネットで調べましたら「パネトーネ」とはイタリアの有名な菓子パンの1つだそうです。パン焼き器購入直後、レシピ集を見ていて目に止まり初めてその名称と存在を知りました。いつかはそのパンを焼いてみようと心に決めていましたが、今日遂に挑戦しています。水の代わりに使用する牛乳の温度は水使用の時と同じく5°Cとしてみましたが、果たしてそれが正解かどうか不明です。卵も使用は初です。更に具材のドライフルーツはレシピでは「酒漬け」と書かれていますので数店舗でそれを探しましたが見当たらず、仕方なく「酒漬け」されていないドライフルーツを買い求めました。そして我が家に偶然にもブランディーがありましたのでそれに数日間漬け、更にそれを数日間乾燥させました。このパン焼きでは多くのことが“テスト”の意味を持っています。焼けてさえいれば食べられないことはないだろう、との開き直りで焼き上がりを待っています。所要は4時間15分です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「お泊まり保育」 | トップ | 私としては課題 パネトーネ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ」カテゴリの最新記事