クーチミラン

根を、張るときと花の咲くとき

丁寧な説明を待ちましたが・・・

2017年12月04日 | 日記
昨日も又、素晴らしい天気でした。温かく風も吹かず極めて過ごしやすい有り難い好日でした。朝から庭のユズちぎりに挑戦しました。単に果実を採るだけのことに挑戦という言葉を使うのは大袈裟な感じがしますが、あの凄いトゲの中での作業に加えて大豊作となった今年の収穫でしたのでそう、表現しても全く、違和感はありません。周囲の方の家では1個も生っていないとのことですので、何故我が家が鈴なりの状態となったのか不思議です。実の大きさも充分にあります。ただ、肌だけは相変わらずシミばかりで実全てに綺麗さがありません。肌まで揃っていたらそれこそ商品にすることも出来ますが。作業は高枝切り鋏を使用しました。そのお陰で低位置の場所も含めてどんな所でも実を摘んで行け、トゲでケガすることもありませんでした。ユズちぎりの場合は絶対必需品であり、そうでなければ収穫など思いもよりません。ところで、採取中の数時間はずっと上を向いて作業していましたので今日あたり首の後ろ側が凝ってくるかも知れません。なお、作業中、ユズの木に問いかけもしました。「凄く酸っぱくて虫や鳥たちが寄りつかないのに何故、こんな強靱なトゲを持っているの」と。しかし、ユズからの丁寧な説明はありませんでした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 本格ウオーキング実施 | トップ | 背筋がピンと伸びた青年に今... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事