緑園マザーズゴスペルのレッスン日誌♪

緑園都市で2000年に生まれたお母さんゴスペルクワイア!
まだまだパワフルに歌い続けます。

It’s Hot🌞

2018-07-17 | 日記
この度の西日本豪雨災害で被災された方々へお見舞いを申し上げます。どうか、一日も早く日常が取り戻せますように。痛みが、傷が癒されますように…。主が共にいて、強く働いてくださいますように。
 
今日の練習は、ディレクター静さんの西日本への祈りから始まりました。当たり前と思いがちな日常は当たり前ではない。1日1日が奇跡で、神様からのギフトなんだよというお話でした。本当にそうですね。ハレルヤ、全ての栄光が主に帰せられますように。

11/10(土)、私たちの次の自主コンサートが決まりました!その名もゴスペル大感謝祭(仮)。

RMGと竹下静さん、山本裕太さんの初めての発表の場になります。詳細が決まるのはまだこれからですが、とにかく、楽しみです😆素晴らしい賛美の場になるはずですので、ぜひ、予定を空けておいてくださいね!
 
近隣への広報の甲斐あり、最近ちらほらと見学のお申し出を頂いています。この日も新しくお一人の方が練習に参加してくださいました。こんなご近所で、本格的なゴスペルのレッスンが受けられるなんて、とっってもラッキー🤞です。どんどん、輪が広がっていけばいいですね!
 
今日からまた新曲が始まりました。静さんの変幻自在な美声&キレっキレの裕太さんのピアノで、毎回のリハーサルがまるでミニリサイタル❣️本当に贅沢な時間を過ごさせて頂いています。でも、聞き惚れてる場合じゃない!しっかり腹筋を使って声を出して、暑さを吹き飛ばして行きたいと思います。
 
コメント

ティモシー ライリー、再び横浜へ!

2018-05-28 | 日記

昨年の夏、戸塚で熱いワークショップを繰り広げたティムが、また横浜に戻ってきます!

お申し込みはこちらから↓
 
今年は超・大幅パワーアップ!!
横浜2daysワークショップに加え、
川崎会場も加わり、神奈川県内3箇所、
東京東部&千葉でも合計3箇所のワークショップが開催されます。
さらに!
最終日には池袋、中央福音教会で
ワークショップ&コンサートがあります!
 
ワークショップは関東7箇所だけでなく、日本全国の会場に参加し放題で4000円と、非常にお得です。夏休みはティムを追いかけて全国行脚するツワモノも、いるとか、いないとか…?関東7箇所だけでも制覇すれば、なんと一回あたり570円!
 
コンサートは出演でも観覧でも、2000円/1回。ぜひ、出演をお勧めします。同じ行くなら、歌わなければ勿体ない!ゴスペルは本来、日曜礼拝でその場に集まった会衆が歌うものです。きっと、周りの仲間がサポートしてくれます。そして、必ずやワークショップでは味わえない特別な体験になることでしょう♪
 
今年の横浜会場の相棒は、新顔スティーブン。どんな方なのか、とても楽しみです。
昨年の戸塚レポートはこちら↓
 
 
そして、池袋会場は、あの塩谷美和率いる”池ゴス”!
10年目を迎え、本格的ゴスペルミニストリーとして、今や国内外から注目されています。ティムは2015年以来、毎年ゲストとして招かれています。
池ゴス2015年のレポートはこちら↓
 
コンサートにはもちろん塩谷美和、池ゴスシンガーズも出演予定!日米のアーティストが一堂に会します。ワクワクしますね!
 
 
緑園マザーズゴスペルは、横浜会場2箇所のお手伝いをさせて頂きます。
 
7/20(金)18:30〜21:00(開場 18:00)
旭区民文化センター サンハート ホール
相鉄線 二俣川駅直結(二俣川ライフ 5F)横浜より急行1駅11分
 
7/21(土)18:30〜21:00(開場 18:00)
岩間市民プラザ ホール
JR保土ヶ谷駅 徒歩10分
相鉄線 天王町駅 徒歩2分
 
会場でお目にかかれますことを、楽しみにしています。
 
お申し込みはこちらから↓
彼らの日本での拠点、大阪のゴスペル・ファミリーネットワークが主催者となり、このツアーが毎年継続されています。足立さん、素晴らしい企画をありがとうございます。
 
講師紹介
Timothy Riley(ティモシー ライリー、ティム)
Gregory M Kelly(グレゴリー ケリー、グレッグ)
Steven MacCaster(スティーブン マッキャスター、スティーブン)
ティムとグレッグはNew Yorkのゴスペルの第一線で活躍中のゴスペルアーティストです。ゴスペル界の重鎮、ヘゼカイア ウォーカー師の元で楽曲の提供や音楽奉仕を行なっています。また、映画化もされた大ヒットゴスペルミュージカル「Mama I want to sing」の作者ヴァイ ヒギンセン女史が立ち上げた、New Yorkのゴスペル文化を保護し継承する団体「Mama foundation 」でもコンビを組んで講師を務めています。冬には毎年ドイツの各地でショウアップされたゴスペルツアーを行い、まさに世界を股にかけて活躍中。
今年はこのドイツツアーのメンバーでもあるスティーブンが加わり、新たな展開となりそうです!

彼らは日本人に自分たちの心の拠り所となる、ゴスペルの素晴らしさを伝えたい!という熱い思いで、日本にやってきます。本場のゴスペルに触れて彼らの言うJoy(喜び)とは、Salvation(救い)とは何なのか、体感しませんか?

New Yorkでも日本人クワイアを指導しており、日本語が堪能ですので、英語が苦手でも大丈夫。
日本人のメンタルや歌い方の癖もよく知っていますので、歌は好きだけどゴスペルは初めて…という方でも安心です。丁寧な指導で、すぐにハーモニーの一部になる楽しさを体験できます。

コメント

2018母の日コンサート

2018-05-22 | 日記

 

5/19(土)、横浜市旭区のJOYバプテスト教会にて、母の日コンサートを開催しました。
 
オープニングは可愛すぎる教会のKidsによる「愛あいされてる」
4月に着任されたばかりの坂西新牧師のお話に続いて、サポートセンター連から10周年お祝いのオリジナル曲「Power of 連」を披露して頂きました。子供、支援の必要な方、女性…社会的には弱者とされる人たちが、教会の中でそれぞれの賜物を生かしてつながっていく、祝福の時間になりました。
「だから、わたしはキリストのためならば、弱さと、侮辱と、危機と、迫害と、行き詰まりとに甘んじよう。なぜなら、わたしが弱い時にこそ、わたしは強いからである。」
‭‭コリント人への第二の手紙‬ ‭12:10‬ ‭
 
RMGパートは、Donald Lawrrence のThe best is yet to come でノリよくスタート。グルーヴ感と振り付けまで必要な難曲でしたが、なんとかやっつけました。次の定番2曲は国友先生のミニワークショップを交えて会場の全員で合唱!掴みはばっちりです。
お次にRMG の新オリジナルソング、「お祝いの歌」の初お披露目がありました。お誕生月の方に前に来て頂き、メンバー一同お祝いの気持ちをたっぷりこめて歌いました。そしてこの日着ていたお揃いのTシャツをプレゼント!これであなたも今日からメンバーになれる!?新歓も抜け目なくやっております(笑)
 
後半はKurt CarrのIt’s a good dayでスタート。日本人が苦手とするミドルテンポの曲な上、シェアしてもらったのはたったの2回前‼️なかなかチャレンジングでしたが、課題があれば食らいついていくメンバーのガッツは素晴らしいです。続くバラードは国友先生による歌詞解説を頂き、会場の全員でメッセージを味わうことができました。鳴り止まぬ拍手にお応えしてアンコールも!キッズがノリノリでダンスしてくれていたのが最高ー!とっても楽しいコンサートでした。
 
なんと、井上先生からお花のサプライズプレゼントが!井上先生ーありがとうございました!RMGは皆様の愛に支えられて、元気でやっております。
 
1月に指導者が変わってから、体制が二転三転、メンバーは七転八倒、自分のこと、家族のこと、いろいろありました…。そんな中でのこれでもかという課題曲ラッシュ。先月は2回の自主練を含む月6回のリハーサル‼️まさに、怒涛の日々でした。
しかし、今までと違うのは、皆に不安よりも希望が与えられていたことです。Better!(よくなる!)The Best is yet to come!(最高はまだ来てない!)そんな歌を歌いながら、「み言葉通りこの身になりますように」…処女懐妊を告げられたマリアのように、信頼し、委ねることを訓練されたように思います。
 
全てに感謝して、ハレルヤ‼️
It was a good day,It will be good days!
 
 
 
 
コメント

母の日コンサート

2018-05-14 | 日記

今日は母の日、いかがお過ごしだったでしょうか。緑園のマザーズたちも、思い思いに、

あるいは猛練習に明け暮れる!?母の日を迎えたことと思います。
そうです、一週間後に母の日コンサートが迫ってきました。
 
5/19(土)13:00〜
横浜JOYバプテスト教会
入場無料です!ぜひおいで下さい。
メンバーのほとんどがノンクリスチャンですが
この度は教会で自主コンサートを
させていただけることになりました。感謝なことです。
この素晴らしいイラストは、サポートセンター連の通所者の方が描いてくださいました。
センターから、歌の出演もあります。
教会は地域に開かれることを望んでいますし、サポートセンターの方も活躍の場を求めていらっしゃいます。私たちの活動を通して、そのお手伝いができることを大変嬉しく思います。
 
「人がその友のために自分の命を捨てること、これよりも大きな愛はない。」
‭‭ヨハネによる福音書‬ ‭15:13‬ ‭

女性たちは古来、命を惜しまず出産という難事業に当たり、母となってきました。
育児もまた、未来への大きな犠牲とも言えます。
母になることは、愛の行為です。
 
そのような自己犠牲と献身を重ねてきた、母なメンバー達ですから、神様は必ずこのコンサートを祝福して下さることと思います。
 
主の臨在が誰の目にも明らかになりますように。祈りつつ歌います。
 
 
 
 
 
 
 
コメント

The blessings of the Lord is...here!

2018-04-10 | 日記

とうとう、本日より竹下静さん&山本裕太さんコンビのレッスンが始まりました。

ご近所主婦のほんわか系ゴスペルサークルに…あまりに豪華なコンビ。
あり得ないでしょこれ…でも、夢じゃない…!!
 
なんということでしょう!
 
今日は
Judith MacAllisterの
Hallelujah you’re worthy,
Hezekiah Walkerの
God favored me
2曲をシェアしていただきました。
 
静さんのリードで、するすると声が出るメンバーたち。いつもと何かが違う?
そして日本屈指のゴスペルピアニストが、
なぜここに…?万騎が原くんだりに?なんかもう目眩がしてきます。
 
興奮冷めやらぬ今はこれ以外の言葉がみつかりません。
ハレルヤ!
ハレルヤ!
ハレルーーーヤ!
 
すべてを変えてくださる主の恵みに感謝します。神様にできないことはないと、本気で信じていたら…こうなりました。
 
「すべての道で主を認めよ、そうすれば、主はあなたの道をまっすぐにされる。」‭‭箴言‬ ‭3:6‬ ‭
Amen.
コメント