The Serenity Prayer

支離滅裂メモblog

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

妊娠初期 便秘・むくみ対策

2008-06-06 17:55:22 | Weblog
便秘は妊娠前からの縁で、かつつわりと違って妊娠中はずっと続くらしい。

以前は便秘と言っても何日もでないだけで痛くも何ともなかったので、そういうものだと割り切って何も問題がなかったけれど、今は状態が違う。
おなかが痛くなるし、圧迫されるせいか吐き気も強くなるし、かといってトイレでいきむのも、おなかのマッサージをするのも腹筋をするのも厳禁。

もともとヨーグルトも食物繊維も効かず、「運動不足だし腸が動かないんだろうな~」とは思って、今まで困ったときだけ腸のぜんどうを促すキダチアロエの錠剤を使っていたが、調べてみたらそれ系のものは妊娠中は使ってはいけないらしい。

病院でくれたのはラキソベロンという液状の薬品で、これは大腸での水分吸収を抑制するタイプ。
使ってみたらすごい腹痛が。かさが増えた分圧迫感が強まったらしい。しかも出ないのでその腹痛が2日間続き、ようやく出た後も半日くらいはぐったり。

どうにも恐ろしいので使用をやめてみたが、食べ物で工夫する以前に食べられる物が少ないし、運動しようにも歩くのとマタニティスイミング以外はだめと病院で言われてしまい、散歩しているといろんな臭いでダウンしそうになるので、現状は薬に頼るしかない模様。

その後病院で相談したら、腹痛は起きないはずと首を傾げられつつ、アドバイスをもらった。
とにかく状態は問わないので毎日出すこと、だそう。

本来は就寝時に飲んで翌日の朝に効くのだと思うのだけれど、私の場合昼過ぎになるし、数分おきに3,4回トイレに行かないといけないので、職場にいる時間に当たらないように調整をするのが面倒。
さらに少ないとはいえ依存の可能性もあるようなので、つわりが治ったら他の方法にさっさと切り替える予定。


そして、むくみ。今よりも後期のほうが大変らしい。妊娠高血圧症だったかな?
もともと低血圧で、塩分摂取は多めでいいじゃん!くらいの考え方だったので、意識転換を図ってます。

こちらは単純に
食べる物の味付けで塩気の少ないものを選ぶ、
バナナを1日一本食べてカリウム摂取、
寝る前に脚をマッサージ、
就寝時はひざ下から足首にかけてクッション+かかと位置に低反発首枕
でしのいでます。
コメント   この記事についてブログを書く
« 妊娠初期 つわり対策 | トップ | 妊娠経過 その後 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事