Rider's Land YOYO ショップ通信

RL-YOYOスタッフからの情報発信Blog☆

YOの原点も、SEROWでした。USED YAMAHA SEROW 250入荷!

2019年09月12日 | ショップ スタッフ

YOです!

久しぶりに、2輪のオークションに行って来ました。オーダーを頂いたSEROW 250 のインジェクションを
探しに行ってきたのですが、なかなかどうして、値段と車両のコンディションが釣り合わなくて、落札も
一苦労でした。

今回は少し急いでいた事もあって、駆け引きが難しかった・・・^_^。

それでも、この2台をゲッチュー!(笑)。程度もとても良いですよ。

 

手前左の車両は、現行のSEROWのチョッとカスタム車で、奥右側は今回ご用命頂いたお客様への車両となります。
こんな様に、YOYOに在庫が無い車両でも色々な流通から、予算内で出来る限りコンディションの良い車両を見つけて、
この様にご紹介できるので、YOYOはKTM/Husqvarnaしか買えないもんなぁ~と思わず是非相談下さい。^_^。

何回もこのBlogでもお話しているので、ご存知の方も多いと思いますが、YOの1番目のオフロード車購入は、この
250SEROWのツールでもある、SEROW225-1型で、緑のフレームで白タンクの当時は変わり種の車両でした。

その当時は、トレール車と呼ばれるDT200R.XT250T.MTX200R.XLR250R.KMX200.KL250R.RH250.ん?
スズキの4サイクルは何だっけ?DR250?思い出さないなぁ(笑)
それと、トライアル車で、TYやTLなど公道も走れたけど、ツーリング等に使用する事には不向きな車両がダートバイク
としては主な車両達でした。

そこに登場したのが、SEROW225と呼ばれる、当時XT200をベースに、トレッキングバイクと言うジャンルで
デビューしたのはご存知の通りで、一番他と異なっていたのは、ステップ位置が後方で、トライアル車両の位置に
近いと言う事でした。

当時ロードバイクを買うと、コンチハンにZ2ミラー、トマゼリグリップにバックステップ!みたいな、定番の
カスタムがあったのですが、オフロード車でバックステップ気味なんて、当時全く興味が無かったYOには理解が
出来なかったんです^_^。

ところが、ひょんな事からSEROW225を買う事になり、色々と知っていくうちに、このバックステップの意味と
ありがたさが分かり、オフロードの奥の深さと、新しい知識の新鮮さに、もうどんどんハマっていきました!^_^

先ず教わったのが、4輪の古タイヤを置いての乗り越え。そしてブレーキングターン。アクセルターン。そして
ローからのウイリーは怖かったので、少し走り出してセカンドギヤ―からのウィリー。信号からのスタートで
良くウイリーしてました。今やったら即交通違反ですよね。(昔もですが・・・)そしてドリフト走行!

そんな基本中の基本を教えてくれて、そのコツが分かり易いのがSEROWの良い所。サスペンションだったり、
エンジンピックアップだったり。本当に乗って良かったバイクの1台なんです。^_^

今回、お客様からご用命頂いたSEROW250インジェクションは、乗り易さのエンジン特性のインジェクションを
選択して、サスペンションをテクニクスTGRパフォーマンスショックに交換が条件!SpecialなSEROWを製作
するプロジェクトなんです!(^^)/

もちろん!手前左の現行SEROW 250をベースに製作も可能です!スペシャルなSEROW 250を製作して、
KTM/Husqvarnaの好敵手になりませんか!^_^!YOYOが1からお手伝いさせて頂きます!

 

USED YAMAHA SEROW250 白/グリーン 距離2.700km ¥486.000(税込)


BEAMS製パワートレックマフラー、純正アルミスキットプレート、純正ハンドガード、可倒式ミラー、
ハンドルブリッジ(スマホホルダーなど取付にも便利)などのカスタムがされています!

 

 

 

ハンドガードとは言いませんね。ナックルガード!思い出しました^_^

 

さあ!走り出しましょう!未知の世界オフロードワールドへ!^_^

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 9月のお休みのご案内です | トップ | YOYO初入荷!USED Husqvarna ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿