Rider's Land YOYO ショップ通信

RL-YOYOスタッフからの情報発信Blog☆

KTM690DUKEジムカーナSPにマジックインジャエクターを付けてみた!

2014年10月25日 | マジックインジェクター

YOです!

本格的にYOYOでも取扱いし始めたマジックインジェクターですが、
実は既にYOYOがサポートするジムカーナ大瀧選手のKTM690DUKE
にも装着しております。

先ずは実践あるのみという事で、エンジンはノーマル、サイレンサーは
KTMパワーパーツのアクラボビッチのスリップオンサイレンサーと
K&Nのエアークリーナーの仕様で施工しました。

さすが!大瀧選手です。
第一声は「良くなりましたよ!でも少し濃い目に振れてしまったかな?」
そして「ジムカーナの場合、音量規制があるためあまり抜けの良いマフラーを
装着できないので、今のバッフルを少し口径の大きい物にすれば大丈夫。」
「今の仕様でも街乗りや、スポーツ走行では最高に楽しんじゃないかな!?」
「僕のは690DUKEだから、DUKE-Rだったらやるしかないでしょ!」

もう一つは、ジムカーナーの場合全開ばかりが続く競技ではない為に、
サーキットやスポーツ走行のように一概に燃料を増やす方向ではないのです。
しかし、パワーがあるに越したことがないという矛盾点もジムカーナの
面白いところ。。。(笑)

画像を見て頂くと分るのですが、左の新品690DUKEのインジェクターと
施工後の右を見比べると、噴霧パターンは良い感じに均一化されています。
そして噴射量は良い感じに増えています。
そこで!大瀧選手のマシンにはパワーパーツの次なるチューニングアイテム
としてスポーツエキゾーストパイプを装着しました。


(写真はノーマルエキゾースト装着時です)

その結果は!全く別物!と言う位にレスポンスとリニアなアクセリングに変わり、
パワー感もかなり上がった様子。そして何より乗り易さが際立って良くなりました。
これはお勧めです!コンピューターチューニングが時代の中心ですが、その前に
確実に噴霧しているインジェクターこそ、本来のマシンポテンシャルを最大限に
引き出してからのセットアップが必要です。

是非お試しください。

コメント   この記事についてブログを書く
« 話題のマジックインジェクタ... | トップ | 火曜日はお休みです »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿