goo
HOMEリズケンとはレッスン案内研究科アクセスブログリンクショップ

【追悼】チック・コリア ~ドラマーとしての一面~

こんにちは、研究生の岩崎です。

 

偉大なジャズミュージシャンのひとり、チック・コリアが2月9日に79歳で亡くなりました。

彼は鍵盤奏者や作曲家として知られ、多くのミュージシャンからジャンルを越えて尊敬されています

さらに、ドラムの腕前も優れていたようです。

 

Chick Corea and Carlitos Del Puerto

 

ベーシスト Carlitos Del Puerto のYouTubeチャンネルより、ベースとドラムだけの演奏。

チックは当時すでに72歳くらいです。

説明欄には「チックのワークショップのリハーサルの合間に行われた」といった内容が書いてあります。

 

2人ともリラックスして楽しそうですね。

音を通じて会話しているようにも見えます。

スタンダード曲の『So What』らしきメロディーで終わらせるのもカッコイイところ。

 

以下の記事では、チック本人が「リズムが好き」だと話しています。

様々なリズムにふれてみることが、音楽の幅を広げるための第一歩なのかもしれません。

【追悼】「リズム好き」が生んだピアノへの情熱 ジャズ界の巨匠 気さくだった素顔 チック・コリアさん:時事ドットコム (jiji.com)

 

 

昨年はオンラインの音楽学校を新設するなど、晩年まで精力的に活動していたチック・コリア。

生涯にわたって音楽の楽しさを伝え続けてくれました。

ご冥福をお祈りします。

 

--------
(株)ケン・ミュージック
リズム教育研究所
https://www.rizken.com/
Tel 03-3852-4174
営業時間 10:00~22:00
月曜定休
--------

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 輝かしい音楽... 【第2回】岩... »