goo
HOMEリズケンとはレッスン案内研究科アクセスブログリンクショップ

【第1回】岩崎瞬の、気ままなミュージアムめぐり

こんにちは、リズケン研究生の岩崎です。

先日予告した通り始まりました、『岩崎瞬の、気ままなミュージアムめぐり』。

皆さんどうぞよろしくお願いします!

 

記念すべき第1回は、上野の森美術館現在開催中の特別展『KING&QUEEN展』。

正式名称は『ロンドン・ナショナル・ポートレートギャラリー所蔵
KING&QUEEN展 ―名画で読み解く 英国王室物語―』といいます。

来年の1月11日まで開催予定です。

 

正式名称にもある通り、この展覧会では、肖像画や写真から英国王室の歴史を読み解いていきます。

15世紀末から現代まで(ハリー王子とメーガン妃まで)何百年にもわたる壮大な物語が、この展覧会に凝縮されているんですね。

これは心を惹かれます!

 

私自身、もともと英国王室に興味があったわけではありません。

でも、映画『007』シリーズは大好きです。

「コロナ禍で行動も限られてるし、せっかくだから行ってみよう」という気持ちで行ったのですが、するとどうでしょう...これがとても面白く、休まず一気に見てしまいました!

 

各作品は、歴代の王朝ごとに分けて展示されています。

それでも一貫して、英国王室の中のつながりが感じられました。

まるで、1本の素敵なドキュメンタリー映画を見ているような感覚でしたね!

 

個人的に特に見られて良かったものは、アンディ・ウォーホルの『エリザベス2世』(現エリザベス女王)。

彼の作品を生で見たのは初めてでした。

 

シンプルだけどカッコいい...そんな印象を受けました。

最後に人の心に残るのは、結局こういったものなのかもしれません。

他の作品も、いつか生で見てみたいです。

 

ちなみに、図録を買ったので家で好きな時に楽しみます。

とても魅力的な展覧会でした!

 

 

 

次回はどこに行こうか考え中ですが...江戸東京博物館の『古代エジプト展』

これは良いですね、来年の4月4日までやっています。

コロナの第3波が過ぎ去った後に出かけてみましょう。

ではまた会う日まで、バイバーイ!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 【予告編】研... 感染対策はバ... »