愛知県理容組合講師会

講師会の活動報告等

第66回東海北陸理容競技大会 理容2018メッセージ

2018年06月27日 | 日記

6月18日(月)、城下町の大垣市のソフトピアジャパンセンター「ソピアホール」において、第66回東海北陸理容競技大会が盛大に開催されました。

朝八時半、会場玄関に集合した真紅のユニホームの愛知県代表選手19名は、全員の気持ちを一つにして「魂の気合」を入れて会場内へと進みます。

今大会は出場選手の減少に歯止めを掛ける試みとして、全部門マネキンによる競技に変更となり、尚且つ第1部門から第3部門までの競技種目がガラリと変わるという状況の中、その部門の選手達は手探り状態ながらも技術規定を一生懸命理解して、作品を仕上げていました。

他の部門の選手達も、日頃の訓練の成果を思う存分発揮できたと感じました。

が、しかし、1部・3部では残念ながら結果には結びつきませんでした。そして、それぞれの選手の、課題が見えたような気がします。反省すべき点は、次のステージである熊本県で10月に開催される全国大会に向けて更に技術を磨いてもらいたいです。

 また大会当日、大阪地方での地震の影響で交通機関が混乱している中、多くの方に現地まで応援に来て頂き、本当にありがとうございました。

・第1部門 バーバースタイル

敢闘賞=服部鉱征

・第3部門 メンズカット パーマスタイル

敢闘賞=林遼冶

・第4部門 メンズチャレンジヘア

準優賞=不破孝通

敢闘賞=越山せな、板倉有作

・4部門 レディス チャレンジヘア

優勝=上野真理 準優賞=林幸太

・理容2018メッセージ

優勝=三浦友紀枝

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 東海北陸理容競技大会訓練会 ... | トップ | 東海北陸理容協議会講師認承... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事