リバージャック

川を楽しむぜベイビ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2014夏 2本目は飛騨川

2014年08月12日 | Weblog
20140812

天竜川の横で寝ていたら、
早朝から雨が降ってきました。

雨の中下りたくはないのと、
やっぱり長良川下りたいなー、
という話になり、

今日は移動と
温泉を楽しむ日にすることにしました。

朝飯田の町を出て、
中央自動車道を名古屋方面に。

中津川ICを下りて、
まずは下呂温泉に。

途中、付知峡が気になって、
寄り道して不動の滝を見学した後、
10時過ぎには下呂到着。

逸る気持ちを抑えて、
露天風呂に入りました。

すると露天風呂の眼下に
下ると気持ちよさそうな川が
流れているではありませんか。

調べたら「飛騨川」。

私たちの手元にある川の本では、
とくに紹介されていませんでしたが、

ネット検索すると
ちょいちょい情報が出てきて
楽しそうなので、

雨も上がったし、
急きょ下るか、
ということになりました。

その後お昼に、
この地域の名物
ケイチャン定食を食べて、
川を下る支度を始めました。

その後チャーリーと自分とで
終着地点に車を置きに行きがてら偵察。

川の本に載っていないので、
甘く考えていましたが、

道路から見下ろす限り、
相当難易度が高そうです。

気になるポイントでは
車を停めて川を見下ろしましたが、
これは相当覚悟して
下らなければなりません。

上流に戻って
他のメンバーと合流し、
偵察の内容を伝えて
3時頃出航。

もう最初から4人とも
言葉で伝えるよりも身体で
この川はヤバいぞ、
ということを感じたようです。

何しろずっと白い水しぶき。
前から横から、
時に人の背丈くらいあるほどの波。

しかも若干肌寒い天気が
私たちの不安を増幅させました。

そして数キロ下り、
支流と合流した後は、
流れの勢いがさらに増していきました。

度重なる瀬を
何とか凌いできましたが、
ついに落ち込みのある瀬で、
舟が巻き込みに跳ね返され、
タケヒコと自分が
川に投げ出されました。

普通瀬を乗り越えれば、
流れのない瀞場があるものですが、
この川はそれがほとんどないので
舟に上がるのも必死。

二人とも何とか舟に上がった後、
また同じように落ち込みのある瀬があり、
今度は四人全員舟から落ちました。

相変わらず波が高いので、
ライフジャケットを着ているとはいえ、
水面に顔を出すだけで精いっぱい。
とにかく目の前に見えた舟にしがみついて、
流れのままに。

自分はヘルメットが頭から
取れかかってましたが、
それよりも何とか
岸に寄らなければ、
ということで、
全員で水をかきわけるように
本流から抜け出し、

何とかギリギリ
岸にたどり着くことができました。

そこで初めて
全員無事であることを確認。

あー、ホンマに
死ぬかと思った。

恐怖のあまり、
身体の震えが止まらない者も
いたくらいでした。

少し気を落ち着かせて、
辿り着いた岸の岩によじ登り、
すぐ下流を見たら、

まもなく滝のような瀬が待っていて、
この岸にたどり着いて
本当によかったです。

しかもその岸は、
上の道路に上がれる
数少ない地点だったようで、

もしそうでなければ、
途方に暮れるところでした。

おカネや車の鍵などの貴重品も、
流される直前に
何だか嫌な予感がして
舟に括りつけておいたので、
コトが大きくならなくて済みました。

神様、本当にありがとう。

もうこれ以上私たちに
この川を旅する気力はなくなり、

上の道路に上がって、
言葉少なに翌日長良川下るため、
郡上八幡に向かいました。










朝方立ち寄った
付知峡の不動の滝。

水の神秘と恐怖を感じました。

今思えば、
今日という日を
暗示する見学でした。







今日は四人で出航。
全員無事でホントによかったです。








最初からこんな感じ。

水はきれいでしたが、
冷たかったです。

泳ぐなんて、
とてもとても。







唯一、といってもいいくらいの
流れのゆるやかな地点。







支流との合流手前。
川の勢いが次第に増していきます。










転覆後、
何とか岸に上陸。







辿り着いた岸から
上流を望む。

写真左手のカーブの地点で
転覆したと思われ、
その後ずっとこの瀬を
流されてきました。







辿り着いた岸の先を望むと、
このような瀬が。

落差のある瀬で、
巻き込みもスゴイ。

流されたまま
この瀬に突入してたら、
本当にどうなっているか
分かりませんでした。

何度も言います。
神様、本当にありがとう。
コメント   この記事についてブログを書く
« 2014夏 1本目は天竜川 | トップ | 2014 3本目は長良川 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事