真理を求めて20年

ハズレの方が多い占い。
そうです。
人生にハズレはつきものです。

シャープの8Kチューナー

2018-09-13 07:47:15 | 日記
シャープ、新4K8K放送を受信できるチューナーを12月に発売
シャープは9月12日、新4K8K衛星放送を受信できる「8Kチューナー」を発表した。2018年12月1日に発売する。価格は未定。
2018年12月にBS・110度CSで始まる新4K8K衛星放送とは、総務省が推進する新たな放送規格だ。現行のデジタルハイビジョン放送(1,440×1,080ドット)よりも高精細な4K映像(3,840×2,160ドット)や8K映像(7,680×4,320ドット)を楽しめる。
ただし新4K8K衛星放送は、従来の衛星放送とは規格が異なるため、通常の4Kテレビや8Kテレビでは受信できない。そこで、新4K8K衛星放送を受信できる外付けチューナーや、新4K8K衛星放送に対応したBS・110度CSアンテナなどが必要となる。総務省によると、現在のBSと同じ右旋円偏波で放送される4K放送の一部は、現在のBSアンテナのまま見られる可能性があるが、すべての新4K8K衛星放送を視聴するには左旋対応アンテナへの交換が必須となる。
シャープが発表した8Kチューナーは、BS8K / BS4K / 110度CS4Kチューナーを搭載。アンテナなどの設備を整えた状態で、シャープの8K対応液晶テレビ「AQUOS 8K」(LC-70X500)などに接続すると、BS8K放送やBS4K放送、110度CS4K放送を視聴できる。もちろん、4Kテレビに接続してもBS4K放送や110度CS4K放送を楽しめる。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« デルの4Kモニター | トップ | 大型3輪車(3) »
最近の画像もっと見る