立冬椿

ボロアパートで暮らし始めた男の戯れ言

お返し

2018-03-14 00:20:36 | 日記
毎度、サブローでございます。通常勤務でした。


お昼頃。ホワイトデーのお返しを買いに行ってくれてた後輩クンが帰還。
ごくろーさん、と声をかけると何やらご立腹の様子。



僕「どした?なんかあったんか。」

彼「いえ、あの、袋が・・・。」

 「袋?その腕にぶらさげてる紙袋か。普通やん。」

 「違うんですっ!紙袋代100円も取られたんですっ!くっそぉぉおお!」

 「・・・へぇ。」

 「へぇとはなんですかへぇとは!今時そんなん徴収します?!」

 「毎年、俺が行ってる百貨店の洋菓子屋はそんなことないけど。」

 「でしょう?!くっそぉ・・・その辺の駄菓子屋で買ったばかりに・・・!」

 「まぁええやん。皆で金出し合うんやし。」

 「そ、それはそうですけど。悔しいやないですか。」

 「ほな、裸で渡したら良かったんちゃうの?」

 「それはほらー。プライドってものがありますやん。裸は流石にねー。」

 「そうかー。ほなお前のクソみたいなプライドと一緒にラップでも巻いとけや。」




しかもですな、皆で出し合ったモノにしてはどうも貧相でして。
案の定、渡しに行った後輩クンが赤面して帰って来たという。
ずっとクスクス笑われたらしい。僕が行かなくて良かった・・・ほっ。



来年は個人で買おう。








こんなん食べたよシリーズ。おっとっとのデカイやつ。

手がベタつくの嫌なので箸でつまんで食いました。
当たり前ですけど、大きいと掴みやすい!

食感カリッ!パリッ!塩味強め。

何年かぶりに食べたけど、何も変わらないですね。
だからこそまた帰りたくなる。それがコイツの味。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 花粉 | トップ | 潤い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事