里山の山野草

里山と山野草の復活日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フクジュソウの実生

2006年05月03日 | 山野草の繁殖
フクジュソウは山野草復活作戦の三番手のグループだが、発芽し難いと言う事なの
で、先ずどの程度の代物か確かめるために、取り敢えず開花したフクジュソウを1鉢購入し、昨年発芽試験を試みた。

その結果、今日現在の発芽率は約10%で、未だポツポツ発芽しているものの確か
に発芽し難い事がわかった。
本を見ると、「種をジベレリン処理して播くと発芽率が向上する」と書かれていた
ので、次回は挑戦してみる積りだ。

順調にに行けば播種後4年目で開花するそうなので、H21年には開花する筈だ。

初年3月、開花初年5月、播種前
初年5月、(3×4ミリ)1年後、発芽


(栽培データ)
 ・用 土      鹿沼土:赤玉土=5:5
 ・H17・5・10  232粒播種。
           未熟な状態で種が落ちてしまうので、播種直後は覆土せず
           1週間程度完熟させたのち覆土。           
 ・H18・3・28 発芽開始。
・H18・5・ 3  23芽発芽(発芽率=9.9%)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日陰の花、コンロンソウ、シ... | トップ | レンゲツツジ(ツツジ科) »
最近の画像もっと見る

山野草の繁殖」カテゴリの最新記事