怠慢主婦 ドイツで同居 

日本食をほとんど食べなくなり、義両親のドレイとなってすでに何年になるだろう。遠い目しながら今日も行き抜いてやるぞっ

息子に肉を食べさせたい義母

2018年03月12日 | 
週末の昼食はグーラッシュだった。
義母のグーラッシュはかなりまずい。ここに来た当初はグーラッシュ自体が私の口に合わないものだと思っていたのだが、何度か外出時に食べたときそのおいしいことを知ったものだ。
辛目のソースに豚肉しか入っていない貧しげなグーラッシュ。

夫のスパゲティ、義両親のじゃがいも、サラダ。

私はもちろん米飯。今回は炊き上がったところにオートミールを混ぜ込んだ。
ドイツでは、ソースはこのようにかなり少なめに添える。日本のカレーは、ご飯より多くソースを盛り付けるのが普通であることと比較すると、ドイツのは貧しげでもある。

さて、夫はこのソースの肉を避けてよそっていた。
義母はそんな息子の態度が気に入らないのか「肉も食べなさいっ」と軽く食え食え攻撃を仕掛けた。
長年その攻撃にさらされている夫は猛反撃。
「私は肉を食べませんっ」
今までの人生で何十回もこの論争をしてきたのだろうから、義母も息子がいる食卓では肉を使わない料理にすれば良いのにね。
親子の関係に介入をしてはいけない。
私はこの抗争が始まっても、黙って観察しているのみにしている。

そんな嫌いな献立が昼食の夜には、決まって夫の大好きな甘い夕食となる。

義母が焼くと濃い色に仕上げる。
クリームチーズを甘くしてパイ生地に挟んで焼いたもの。
これ全部を平らげるのだから、私の日本の常識から考えると健康にひどく悪い夕食に思える。
まったく、ウチの食卓が変なのか、ドイツがそうなのか、あるいは夫の好みの問題なのか。
もっとまともになってくれー、と思うのは私が日本人だからだろうな。


『ヨーロッパ』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« みんな引越ししている例の一... | トップ | 漢字の勉強する人たち »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
皆の嗜好がバラバラで、義母さんは大変ですね。 (ミル)
2018-03-12 14:48:51
リスさんの食卓は、ドイツの中ではかなり特殊だと思います。すくなくとも、人生の半分以上をドイツで過ごしている私の知り合いの中で、グラッシュをそんなに少なくよそったり、甘いものを夕食として大量に食べているご家庭はいないです。(甘い昼食は時々見かけますが)
ですので、「ドイツでは」と紹介されますと、日本の方々に誤解される恐れがあると思います。

コメントを投稿