怠慢主婦 ドイツで同居 

日本食を食べなくなり義両親のしもべと化し、すでに何年になるだろう。遠い目しながら今日も行き抜いてやるぞっ

どこも同じ位の室温。「ジャッジアイズ」欧州版を見つけてちょいと興奮したけれどやっぱり買わないっ

2019年11月10日 | 気候
天気予報ではここ数日最高気温が10度以下だった。
室温各場所を調べてみた。

上は語学学校。とても暖かく感じた。
下は図書館。同じ23度を示しているのにひどく寒く感じた。もしかして、温度計、壊れちゃった?

次に行ったのが、友人宅。
まだ彼女は帰ってきていなかった。玄関に鍵がかかっていなかったら、私は入っていいんだ。
テーブルの上にミューズリと牛乳があったので、遠慮なくいただいた。

ここでも温度計を置いて、10分ほど経過後撮影したのだが、いま、見あたらない・・・20度くらいだった。故障していなかった。

1時間ほどして友人が戻ってきた。しばらく歓談して、ウチに向かった。
まだ、ショッピングモールが開いていたので、ふらふらと寄ってしまった。

ゲームソフトにどんなものが販売されているか観察。今回見つけたのがこれ。
「ジャッジアイズ」 60ユーロ、現在約7000円くらいかな。
日本市場向けの日本の価格が5000円程度のことを考えるとちょいと高い。
しかし。木村拓也は欧州でも知られているのか?一部の日本ファンは知っているのを知っている。へへ、夫だっ
忙しい夫、これを買っても、遊ぶ時間がないだろう。欧州市場版は音声は日本語のままなのだけれど、画面の表記が英語なので(過去のこのシリーズ欧州版を2点持っている)、それを読み取るのが辛くて私には難しい。
限られた時間内で(10秒ほど)で、表示される会話分のどれかを選べ、という場面になると泣けてくる。
音声でストーリーを追うだけなら、なんとかできるので、買ってもいいかな・・・いや、60ユーロはきついな。
ああ、日本の製品が欲しいなー。

と、ぐるぐる思考しながらその店を去った。
また、寒い外に出て、30分ほど歩いてバスに乗った。





コメント   この記事についてブログを書く
« 食事の準備の戦い | トップ | 永遠のティーンエイジャーは臭い »

コメントを投稿