福井利佐blog

切り絵アーティストの日々

かこさとしのひみつ展

2018年09月04日 | 日記


川崎市市民ミュージアムで開催されている

「かこさとしのひみつ展」に行ってきました。
(9/9日までです!)




この展覧会の準備期間中に
かこ先生がお亡くなりになり衝撃でしたが、
こちらの展示でかこ先生の存在が感じられ、
とても感動しました〜(涙)。





川崎市市民ミュージアム







かこ先生が、大学時代から参加されていた
セツルメント活動をされていた地です。

川崎は工場地帯だったため、
親が昼間は働きに行っていてお家にいないご家庭が多く
また日曜日など、工場がお休みの日はお家にいる親は家で休んでいるわけで
子供達は日曜日は家に居れず、外で遊ぶという地域だったため
そんな子供達のために、様々な活動をされていました。
今でいう、子ども会?みたいな感じでしょうか。
それがセツルメント活動です。



今回その川崎セツルメント活動の紹介もありました。


かこ先生は、自身の戦争体験から
子供達には、正しい教えで正しく健全な道に進んで欲しいと強く願っており
この活動の中で、紙芝居を作ってお話ししたり
絵画教室などをしていました。


そんな中で生まれたのが、現在私たちが絵本で目にしているお話したちです。




わーい。
「だるまちゃんとかみなりちゃん」にでてくる
「ケンケンぱ」のやつです。





この市民ミュージアムのホールは現代アートがたくさんで素敵です。



岡本太郎先生のあの有名な椅子も。

川崎に岡本太郎ミュージアムありますものね。



さてさて

中に入ると





だるまちゃん!!!


私も、だるまちゃんとかみなりちゃん
大好きでした〜(涙)!



どろぼうがっこうの原画が綺麗に残っていて
感動しました。


初期の絵画作品も素敵でした〜。

そして、ほとんどが原稿サイズで描いており
かなり細かく書かれていることがわかりました。


セツルメント活動での子供の絵も残してあり
それもとても感動的でした。

展覧会会場に流されていた
かこ先生の映像も本当に感動的で
セツルメント活動時のお手製の大型紙芝居も綺麗に保存してあり
カタツムリの話が実は建築の話になっており
全てのお話に教育的コンセプトがしっかり入っており
それも大感動でした〜。

セツルメント活動に参加していた女学生が
福音館書店でアルバイトをしており
その方の縁で、名物編集者松井直さんの目にとまり
絵本の制作をするようになったそうで、
その女学生、松井さんなどがかこ先生の授章式パーティー後に再開する場面があり
みんな同年代なのにお元気で、それもすごいことでした。

1年くらい前の映像でしたから、皆さん90歳くらいです!

かこ先生は今年の初めにもだるまちゃんシリーズを3作も仕上げており
本当にすごすぎる・・・。


そんな大感動な展覧会なのでした。



親たちはじっくり展覧会会場を見ている間

子供達は



こちらのコーナーで遊んでいました。




絵本がたくさんあって




案の定、娘がちっとも帰らず・・・




弟は、こんな感じ。




からすのパンやさんシリーズのレモンちゃんかな




3体ありました。





パンも作ってあって、食べてました。


かこさんのご出身福井県にあるかこさとしミュージアムを再現したコーナーでした。

私が福井県の創作の森で個展したときはまだできてなかったけど
チラシは見た気がします。

楽しそうだな。


娘は永遠に読んでいるので
とりあえず、弟と主人は同時開催の「むかしのくらし」のコーナーへ。


市民ミュージアムは博物館要素もあり
川崎市の博物史や民族史の展示もあり見応えありました。




そこに、かこさんのすごろくもあって
合流した娘と盛り上がっていました。


息子は相変わらずで



カゴを発見し、昔話にでてくるおじいさんになりきっていました。









最後はかこ先生に
「ありがとうございます」のメッセージをみんなで書いて行きました。


えええーーーーん(涙)。


本当にありがとうございました。


ちなみに私は、いろいろなかこさんの絵本がうちにあったのですが
一番お気に入りは
「地球」でした。

森や林の断念図が大好きでした。

次は「だるまちゃんとかみなりちゃん」かな。


だるまちゃんのぬいぐるみは、娘が小さい時に購入していて
この日も持ってきていました。

てんぐちゃんとかみなりちゃん、からすちゃんのぬいぐるみも
あったのですが、売ってはおらず
息子とてんぐちゃんを狙っていたのに残念です。

また生産して欲しいです!

(結局 物欲・・・)


この夏は絵本界の巨匠の展示が続いており、
林明子さん、安野光雅さん、かこさとしさんと
全部の創作に対する真摯な姿勢、
そして素敵な原画が見れて感動でした!


























ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 静岡県立美術館W.S 完成品展示 | トップ | 誕生日ディズニー »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事