福井利佐blog

切り絵アーティストの日々

茨城県しもだて美術館へ

2018年10月30日 | お知らせ(個展・ワークショップ他)


さらに翌日は
茨城県にあるしもだて美術館へ〜!


連日、通勤ラッシュ&旅ガラス生活続いております。





初めて来ました。

下館駅。

ステンドグラスの素敵な駅です。







しもだて美術館へ。


これまた素敵な建物だったのです。



入ってすぐに



豪華な山車の展示。



わーすてきー。


なんて優雅な気持ちになりつつも
会場へ。





現在絶賛巡回中の
11人の切り絵作家による「切り絵アート展」が開催されております。

私も参加させていただいているのですが


どうも、カビ?なのかアクリル面に出て来てしまったため
確認と除去など処理に来ました。





素敵な会場だわ〜。




2年に渡って貸し出している作品たち。




展示期間中は福岡の倉庫にあるので
私もどんな状況かわからず。

5月に福岡で会場にお伺いした後も
長野の方に巡回してますし
どうなっているのだろうかと
かなり不安です。


作品の状況を確認して

ひとまずお昼を食べたら作業開始です。



1階のカフェのメニューらしいのですが
ご用意していただき、
大変美味しかったです!


ありがとうございます。


そして、ひたすら展示作品を持って来て作業〜!!!



額縁の無い、アクリルだけで挟んである作品に起きているとの事。




一番小さい作品から始めましたが

なんか大変な作業でした・・・。




汚れがわかるように黒い紙を敷いて。





しもだて美術館の副館長さんをはじめ





多くの方のご尽力をいただき


無事に





汚れを取り除きました。


3点のうち、一番古いものはカビも含まれていましたが

アクリル画面の汚れと思われるもののほとんどが、
アクリルのネジとその穴部分に集中しており
そこから擦れて落ちるアクリルの破片による「キズ」であることが判明しました。




元の位置へ。


この時点ですっかりお外は真っ暗に〜。





みなさん遅くまでありがとうございました。






ここで突然発生したわけではなく
今までもどこからか出ていたであろうと思われ、
しもだてさんがご連絡くださったので
こうして原因究明と処理ができてよかったです。


アクリル作品は移動する度に
カスが落ちてキズが出てしまうのですね。


うーん。

どうしたもんかな。



とりあえず、どうしようもないので
多分ひどくなったら新しいのに取り替えるしかないでしょうね。






無事終了の記念撮影。





こちらでも記念撮影。


しもだて美術館の入っている複合施設の3階正面なのですが
渡り廊下になっていました。

ここから、山と日の入りが見れて
とてもいい場所です。



というわけで、
無事に任務終了。

急いで1時間に一本しかない電車へ飛び乗りました。



本当にしもだて美術館の皆様には
大変おせわになりました。

みなさんとても温かい方々で
大変な作業でしたが、
無事終了できました。


ありがとうございます。

しもだて美術館もとてもいいところですので
ぜひオススメです。


実際、地元の方々も
11人の切り絵の作品の凄さに
しかも1人10点ですから110点もあるわけで
見応え十分で満足度が高いそうです。

良かった良かった。



実は参加作家のお一人「関口コオ」さんの訃報が入りました。

今回のメインビジュアルにもなっており
とても残念です。

ご冥福をお祈り申し上げます。


どこかで見たことあるなっていう
昔からご活躍の作家さんですので
遺作となってしまいましたが、ぜひご覧になっていただけるとありがたいです。


これからは神戸、鹿児島、大分かな。

関東圏は最後かもしれないので
是非に〜。



詳細はこちらから


http://www.shimodate-museum.jp






ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 静岡新聞広告賞2018表彰式 | トップ | 娘の仕舞い »
最近の画像もっと見る

お知らせ(個展・ワークショップ他)」カテゴリの最新記事