福井利佐blog

切り絵アーティストの日々

世田谷児童絵画展2018表彰式

2018年10月19日 | お知らせ(個展・ワークショップ他)



福島から帰ってきた翌日は

娘の学校の公開授業。

前日の深夜に南相馬から無事に帰ってきた主人と
留守中に子供達をお願いしていた私の母とで
手分けして、息子の習い事に行ったり学校に行ったりしました。

普通の授業の他に防災授業もあり
訓練も兼ねて引き取り下校なのです。
(今まで仕事で行ったことなかったのですが、今回は「絶対引き取って欲しい!」と切望されました。)



そして午後は



世田谷児童絵画コンクールの表彰式です。


審査員をやらせていただきました。

世田谷美術館の石橋さんが受賞者に賞状をお渡ししています。





私も数名担当させていただきました。






みんなこういった学校外のコンクールに出すってことが素晴らしいよね。






うちの娘は、こういうの出しません。
紙すらもらって来てくれません。


中には学校単位で夏休みの宿題に任意で入っているところもあるみたいなのですが

高学年とかは意欲のある子だと思います。



素晴らしいです。

たくさんのことがこなせる子は
頭の中で段取りとか整理ができているのだと思います。






伊佐社長が入賞者にお渡ししています。


そして準グランプリも私が担当させていただき

(コメントも書かせていただきました。)


いよいよグランプリ!





審査委員長の坂口さんが登場です。






いやあ、坂口さんは3月まで天下の東京藝大の油画科の教授でしたが
本当に「仏(ほとけ)の坂口」です(笑)。

温厚で、優しいです。
児童絵画コンクールだし、厳しい先生だったら凹みますよね。


色々な風景がありましたが
今回は世田谷区ならではのイベントにちなんだもので
とても臨場感があってよかったです。


グランプリの方、おめでとうございます!


こちらです

http://www.isahomes.co.jp/art-contest/index.html




いやいや良かった。



そしてその間、私の子供たちは
会場の伊佐ホームズの目の前に広がる
駒沢公園にて私の母に見てもらっていました。
ありがたやー。





学校後で急かしたので
最初は行かないといっていたのに
(主人が仕事が溜まっているので家において行くわけにいかないのです)

すごく楽しかったー!!!
と大満足でした。

そりゃそうだ。

以前この近くに住んでいましたが、

いいところですよね〜。


電話中の私の母。

今回、とっても助かりました。
ありがとうございます。

実は母の姉が難病の判明で入院してしまい
実家の方が大変でした。

しかし、うちの母は本当に明るくて
おばあちゃんが来ると家が明るくなります。
(その中にはおっちょこちょいも含まれていて、家の中が破損する危険もあるのですが・・・笑)





子供達が無事に元気に過ごせていて
良かったです。










ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 福島県二本松市「重陽の芸術... | トップ | 息子誕生日 »
最近の画像もっと見る

お知らせ(個展・ワークショップ他)」カテゴリの最新記事