福井利佐blog

切り絵アーティストの日々

ヤゴ報告

2018年07月06日 | 日記



娘の小学校で救出したヤゴ達ですが、

無事にみなさん羽化されました。


先日、娘の小学校の保護者会で
まだヤゴのまま飼育しているご家庭もありましたが
うちはみなさん巣立たれました。

私も、ホッとした気持ちです。


しかし、10匹もらって来たはずのヤゴですが、
そのうち3匹のヤゴを息子の保育園へ。
2匹お亡くなりになり、最後の1匹を週明けの月曜に抜け殻を枝に発見。
本体が居なくて、ドアの開け閉めで飛んでったのかなあ〜なんて思っていたのですが、
後日、靴箱で発見・・・。
(亡くなっていました。)


うちの方は、7匹いて
すぐに1匹が無事に羽化してお空へ飛んで行ったのですが、
その後、2匹羽化した方達の行方が分かっておらず
これも後日、1匹は家の中で発見。
しかし、ドアに挟まれており・・・。
もう1匹は不明。


そして、連日寒くて暗い雨の日が続いて
全くヤゴ達が孵らない日が続いたのですが
ある時、ヤゴから羽化途中で水の中に落ちている子を発見・・・。

そして、その後明け方に羽化している子がいて
見守ったのですが



なんだか羽が伸びきらないのです。


おかしいなと思いましたが

とりあえず見守りました。


しかし、気づくと床に落ちており、

踏んではいけないと思い



飼育ケースに入れましたが、
枝に掴まれない状態で、
外出後の夕方もこの状態で動かなくなっていました・・・。

何も死ななくても・・・。
飛べなくたって、飼育ケースで生きられたらいいのにと思ったのに
ダメですね〜。


ここで、やはり太陽のもとでないと強い子になれないよ!
と、ずっとベランダに出すことに。

もう羽化した子が見れなくてもいいから
自由に飛んでっておくれ〜!!!

と、外に出しました。


数的にいうと1匹、ヤゴごと居なくなっていましたが


最後の1匹は


無事に旅立たれました。




最後にトンボになった子の抜け殻。


よかったよ〜(涙)。



ほとんど私が面倒を見ていたので
悲しいような、ホッとしたような・・・。


これ、他の虫嫌いだったお母様方もおっしゃっており
みんなヤゴの羽化に感動、そしてヤゴを愛でておりました。
生き物って素晴らしい〜!!!



というわけで、ヤゴ観察終わりです。

ちなみにうちの子は
みんな普通の小さい赤トンボでした。

小学校にあったオニヤンマの巨大なヤゴの抜け殻に驚愕!
今年はうちの小学校ではオニヤンマのヤゴはいなかったのだけど
いつか飼育したいです〜。


うちで羽化した子達の殻、亡骸は私が全て収集して記念にしております。