獏の食わず嫌い

プロ野球を好きになってほんの40年です。阪神のせいでネガティブ根性が骨まで染み付いております。

謹賀新年2017

2017-01-01 01:04:04 | 日記


あけましておめでとうございます。
つい先日51歳になりたてのほやほやの管理人でございます。
トップ画像は「雛鳥の羽ばたき」作りさ・ふぇるなんです。淡彩画。



カウントダウンは近所のお寺で振る舞いぜんざいを頂きつつ除夜の鐘を聞いておりました。
痛いくらい寒うございました。



旧年中は真田丸真田丸言うて本当に申し訳ありません。
真田丸も煩かったんですが、ゴジラゴジラも言うてましたし、「君の名は。」、「聲の形」、「永い言い訳」、「この世界の片隅に」、などなど…映画館に激しく通った年でもありました。
ゴジラは5回しか行ってません。すみません。
「君の名は。」と「この世界の片隅に」はそれぞれ2回ずつ行ってますが、劇場で見られるうちにもう一回見ようと思っています。

一体野球はどないなっとんねんとお叱りを受けそうですが、野球が始まればちゃんとします(笑)
こんなヘナヘナなブログをこれからもよろしくお願い申し上げます( ´ ▽ ` )ノ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 真田丸終わっちまったよ・・... | トップ | お久しぶりです。紅白戦(キ... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あけましておめでとうございます! (大黒屋)
2017-01-01 01:35:42
本年もゆるりとよろしくお願い致します。

真田丸におきましては、新年早々総集編の再放送がありますね。多分それで一区切りつくかと(望スピンオフ)
シン・ゴジラは4回しか行けてません。終わるまでには何とかもう一回。
「この世界の片隅に」はこの休み中には観に行きたいところであります。
「君の名は」どうしよう…

あ、去年は球場一回も観に行ってませんわ…(行かなきゃ…)
謹賀新年 (西田辺)
2017-01-01 10:33:33
あ・・・焚火の向こうに・・・・あr(ry
>真田丸
多分文字量で言うと、私もどっこいくらい書いているはず(笑)
久々に面白い大河でした。
今年は・・・どうかなぁ・・・見たい俳優が高橋一生さんくらいしかいないんですが。
>ゴジラ
結局見逃した・・・・
DVDかBDって出たのかしら?
>野球
今年は優勝しますよ。
何となく。
根拠はないけど(無くもないけど)
謹賀新年 (giants-55)
2017-01-02 15:26:08
旧年中は大変御世話になりました。本年も引き続き、何卒宜しく御願い致します。

「真田丸」、個人的には21世紀に入って以降、一番夢中になった作品でした。脚本も良かったし、キャスティングも良かった。全体として、メリハリが上手く付いていましたね。

此方で同番組の記事を読ませて戴いては、「そうそう、其の通り!」と何度頷かされた事か。

今年のプロ野球、例年以上にセ・リーグに注目しています。「カープの勢いは、今年も続くのか?」、「山田選手の3年連続トリプル・スリー達成はなるのか?」、「落合GMが去って、ドラゴンズはどう変わるのか?」、「筒香選手は、更に進化するのか?」等々。そして、タイガース及びジャイアンツは、今年が色んな意味で重要な年になると思っています。何とか両チームが優勝争いに絡み、最後迄手に汗握る試合を見せて欲しい。

又、近年はパ・リーグに押され気味なだけに、セ・リーグ全体がパワーアップしてくれる事を、ファンとして切に願います。
大黒屋さん (りさ・ふぇるなんです)
2017-01-02 21:40:35
こちらこそゆる~~りとお願いします。

私も球場観戦がめっきりと減ってしまいました。
以前よりも暇になったはずなんですが、やはり色々と私を突き動かすほどのものがねえ・・・
藤浪と能見は今のうちに見ておかないとと思います。。。。。。(暗鬱
西田辺さん (りさ・ふぇるなんです)
2017-01-02 21:44:48
>焚火
何だか藤浪を焚火会に参加させろとか何とか・・もう暗鬱とした思いしかないですわ。。。。

>真田丸
一年お疲れさまでした!
今年こそは野球のネタで文字数稼ぎたいものですな。

>ゴジラ
まだ大阪ならレイトで何とかやっております・・・劇場で是非

>優勝
他が隙だらけですからなあ・・・(うちもやけど
giants-55さん (りさ・ふぇるなんです)
2017-01-02 21:51:27
旧年中はお世話になりました!
本当にgooブログの黎明期メンバーが減っていくのでgiantsさんが心の支えです。
以後末永くお願いします。

真田丸も最高に面白かったのですが、去年は日本のエンタメサブカル分野のエポックメイキングな年だったと思います。
私自身映画にかなり救われました。

今年は野球界も古い垢を落として新たな一歩を踏み出して貰いたいものだと切に思います。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事