獏の食わず嫌い

プロ野球を好きになってほんの40年です。阪神のせいでネガティブ根性が骨まで染み付いております。

安定の4位

2018-09-03 15:51:35 | 野球
高校野球も終わり、甲子園に戻って来てヤクルトにショッパイショッパイ内容で3連敗。

これは最下位も止む無しと思ったのですが、DeNAの状態が(主に守備陣の)阪神を下回っていたので勝てました。
やらかした仲間に大和も思いっきり含まれていますので申し訳ない気持ちでいっぱいです・・・・。


福留も元気で良く走りました。
41歳のランニングホームランてwww
凄いな福留・・・


まあ、ヤクルト3連戦の暗黒ぶりが凄すぎてですね
暗黒暗黒って言うけど、私が知っている暗黒って選手がダメなんですよ。どう考えても他のプロのチームには敵わないわけで・・・
あの頃の暗黒に比べたら今の暗黒ってただヘタクソなだけで(采配が)
どんな気持ちで試合を見ていいかわからなくなってくるんですよね。

怒るのも何に向かって怒って良いのかわからないし。
あの梅野の謎のタッチアップ事件でも何が起こったのか意味が分からないし
そもそも負けたのはあれが原因じゃないし、散々チャンス潰しまくった結果だから。

で、ヤクルトがそれで今強いのかと言えば広島に連敗してますしね。

だから何に向かってどんな気持ちでいていいのかわからない。

一つ納得したのは甲子園で勝つには相手のエラーが3つくらい必要という事ですな。

ああ、こういうのを「相手のミスを誘う様に追い詰めた」って言わなきゃいけないのか。

上手く言えなくてすんません。

連勝したのは嬉しいけど、気持ちの置き場が見つからなくてこんな感じです(-_-;)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ロード最終試合は大逆転で幕 | トップ | 20連戦ってマジですか? »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
台風一過 (西田辺)
2018-09-05 09:45:30
どエライ台風が来ましたが、被害とかなかったですか?

もういっその事、ドラフト考えたら最下位でもと思わないでもないですが(笑)
>謎のタッチアップ
思わず「イノシシか!」って叫んでしまいました。
キャッチャーなのに、割と周りを見渡せないんですよね。
その前の、ホームタッチプレーでのミスを取り返そうと意気込む姿勢は悪くない
んですが、如何せんあそこは行く場面じゃない。
「俺が、俺が」の気性が悪い方向に出たプレートしか言いようがありません。
>暗黒
あの当時、「まぁ、このチームじゃこの成績もしゃあないわな」と半笑いできる
実力でしたから、ある意味スッキリしてたんですよね。
でも、今はこの面子でこの体たらく。
昨日の広島戦でも、大山のヒットから俊介犠打で1死二塁。
9月に入って明らかに打撃下降線の梅野そのままで左飛。
2死二塁で、対広島戦代打打率0.778の原口を代打に。
こんなん誰がどう見ても一塁空いてるし、敬遠でしょうよ。
これ、原口が歩かされると分かっていて、あの場面で出したのなら逆の意味で
凄いですわ。
緒方もさぞかし笑いが止まらなかったと思います。
ずうっと見てるとうっすら透けて見えるんですが、如何に自分の子飼いの選手を
良い所で使うかに腐心しているんですよ。
敢えて名前は挙げませんが、何となく分かるでしょ?
>気持ちの置き場
思えば、「おもろない」「悪いスモールベースボール」と言われた先代監督。
金本自身も解説者席から、何の遠慮もなく批判していた和田野球。
それを今、更に戦略・戦術なくトレースしているのが金本野球。
(もうさすがに原形すら留めてませんが)
確かに数多くの若手を登用したのは評価できるけど、やっぱり「出している」止まり。
全然「使って」いない所に、何とも言い難いモヤモヤした感情が溜まってしまうので
しょうね。
去年貯金17を叩き出したチームが、今年借金8。
ロサリオが~藤浪が~と言う以前に(そもそもこの二人も去年は居なかったり、不調を
引きずってましたから)何かを見失っているのでしょうね。
取り戻すのは至難の業でしょうけど。
西田辺さん (りさ・ふぇるなんです)
2018-09-05 13:16:04
>台風
うちはお山に囲まれているので雨も風もかなり防がれていたのですが、それでもキッツい風でした。
大阪の親類縁者の方が大変だったみたいです。

>イノシシ
まあそうですね・・・(-_-;)
1年使って経験値を上げる作戦なんでしょうけど(そんな計画的な考えではないかもしれないけど)一人の捕手に任せるのはもう古いんですよねえ。。
何で広島や西武の強いチームの良い所を真似してくれないかな。。

>原口の使い方
>如何に自分の子飼いの選手を良い所で使うかに腐心している
そうなんですよねえ・・・
で、その子飼いの選手を後生大事にするのかと言えばそうでもない・・・。
子飼いの贔屓の選手をとことん偏愛するのなら気持ちの持って行きようもあるのですが、そこがいまいち中途半端なので
『どう言う気持ちで阪神を見ていいかわからない』
んですよねえ。

これ、西田辺さんの仰る事をもっと掘り下げるんですが、監督はそもそも阪神に対する愛情が思ってる以上に薄いんじゃないかと感じるんです。
愛情や思いが薄い事は最初からわかってたんです。
でも、それはどこのチームでもある事なのでかえってドライになってくれる方が良いのだろうと思っていました。
けれど、西田辺さんさ再三指摘している「広島へのコンプレックス」が酷いのと、そもそものマネジメント能力の低さ故なのか三年経っても経験値が上がっていかず、それどころかベールが一枚ずつ剥がれてしまってチーム愛の薄さがバレバレになっている状態です。
今監督を繋ぎとめているのは僅かな偏愛する選手の成長だけなんじゃないかと思っています。

SNSで金本監督を「器の小さい中小企業の社長」みたいな評価をしている人がいたんですが、上手い事言うなと思ってました。
確かにいるんですよ、中小の同族会社にいがちなタイプです。

最初は楽だったと思うんです。
前任者の全て逆をやれば良いんですから周りに受けるんですよ。
でも、前任者にはそれなりの事情があってそうせざるを得なかったんですが、そうした土台がないまま上っ面だけ逆をやって(真似たのと一緒ですよね)3年目に土台が崩壊しているのではないかと考えています。
贔屓するならするで、愛した選手だけはしっかり一人前に育て上げて欲しいもんです。
愛してない選手はもう出してあげたらどうでしょうね。応援しますよ。

コメントを投稿

野球」カテゴリの最新記事