オトウチャンの写真帖

登山・写真共に初心者のオトウチャン(リサ・パパ)の山野草フォトブック。

ササユリとトゲアザミほか(愛媛県久万高原町皿ヶ嶺~四国カルスト天狗高原 2018年7月1日)

2018年07月21日 | 山野草

山野草を知ったとき、ぜひとも実物に出会いたいと願った花の一つが、ササユリでしたぁ~♪

 


ササユリは、笹の中に控えめに顔を出して揺れてますぅ~♪


色の強弱がありますが、私は、色の淡い方が神々しく感じて、好きですぅ~(笑)


露を含んだ佇まいに、ゾッコン~♪


ササユリ(笹百合) ユリ科ユリ属 花期:6~7月 分布:本州中部以西、四国、九州、
 日本を代表するユリで、葉がササに似ている。西日本の山地に多く、高さは80センチほど。
 葯が赤いのが特徴。この花をシンボルマークにしている自治体は多い。 

 

 


7月の山の緑を背景に一番目立つ花は、トゲアザミですぅ~♪


トゲが痛いので、なかなか手がだせないですけど~(笑)




トゲアザミ(刺薊)キク科アザミ属 
  ノアザミの変種で、草丈は低く、普通高さ20~40センチぐらい。
  茎には蜜に毛がある。
  葉は茎にやや密に付き、倒卵状長楕円形で羽状に中裂し、
  裂片の刺針が5~7ミリと長い。
  頭花は上向きに付き、直径3~4センチ。
  総苞片の先は刺状となり、長くとがる。
  花期:5~8月 分布:四国  

 


ケシの一種では?可愛かったです。

 


ツルアジサイ(蔓紫陽花)別名:ゴトウヅル ユキノシタ科アジサイ属
     ブナ林や暖温帯上部の夏緑広葉樹林に生育する落葉性のツル植物。
     林縁や樹木の枯損によって形成されたギャップ、岩上などに生育する。
     茎は気根を出して樹木に付着し、這い登る。
     葉は対生し、葉の長さは5~12cm。長さ3~9cmの葉柄がある。
     葉質はやや厚く、縁に規則正しい鋸歯がある。
     枝先に花序を形成する。
     花期:6月~7月 分布:北海道、本州、四国、九州、

 


ギンバイソウ(銀梅草)のツボミがありました~♪
 アジサイ科ギンバイソウ属 花期:7~8月 分布:関東地方以西、四国、九州、

 


オトギリソウ(オトギリソウ科オトギリソウ属) 花期:7~9月 分布:日本全土
  陽当たりの良い山野に生える多年草。薬草。


民間の万能薬として、民家の庭にも植えられているようです~♪

 


ヒメヒオウギズイセン(アヤメ科ヒオウギズイセン属)花期:6~8月 外来の園芸植物が、暖地に野生化している。

 


シコクフウロ(四国風露)別名:イヨフウロ フウロソウ科フウロソウ属
  名前が示すように四国の山地に多いが、本州や九州にも分布する。
  草原に生え、高さは50センチほどになる。
  ピンクの花弁に濃い赤紫色の脈が入るのが特異で、
  花の名前を間違うことはない。
  花弁は縁が切れ込むものや、切れ込みのないものなどさまざま。
  茎や葉柄には開出毛があり、葉は手のひら状に深く裂ける。
  葉の幅は、おおきいもので10センチほどある。
  花期:7~9月 分布:本州(東海以西)、四国、九州、

 


マタタビの花が、まだ咲き残ってました。もう今頃は、種になってますぅ~♪

 


イブキトラノオ~♪


毎年、めっちゃ群生してますぅ~♪


アップで見ると、繊細ですよ~♪(喜)


遠目にゆらゆら揺れてる様子は、風情があります。

 


ハンカイソウが、1日の時点では、まだツボミでした。今は、満開になってますけどね~(笑)

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ナツツバキ、シモツケほか(... | トップ | 今年の初ヒメユリは、天狗高... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (hirugao)
2018-07-26 12:52:05
楽しみにしていました~
ササゆりはもう今では近くでは見られなくなりました。
薄い花びらの感じがちゃんと出ていますね

棘アザミとは違うオニアザミというのを今年初めて
空き地で見ました。
すごい種が出ています。
hirugaoさんへ (リサ・ママ)
2018-07-31 15:58:58
天狗高原まではクルマで行けるので、
ササユリは私も見れるんですよ~(喜)
でも、この撮影はすべてオトウチャンです。。
トゲアザミは、四国に特有です。
シーズンだといっぱいありまーす(笑)

夫に家事は任せてパソコンやっても、
叱られませんでしたぁ~☆

コメントを投稿

山野草」カテゴリの最新記事