落語コーディネーター菊池明美の公式ブログ

神奈川県川崎市のNPO法人リール理事長の菊池明美です。落語で人と街と世界をつなげます。落語会開催のお手伝いをいたします。

明日は味のきょうしろ

2017-01-31 19:27:16 | 落語会

毎週水曜日は「味のきょうしろう」の開催日です。

会場は「駒込落語会」です。午後7時~8時15分開催です。

チラシも新しく刷り直しいたしました。

毎回古典2席の口演をいたします。

2月は1日・8日・15日・22日の4公演いたします。

木戸銭:1000円

ご予約:080-4446-9090 菊池

コメント

三遊亭遊七さん出演致します

2017-01-31 19:26:32 | 落語会

柳家小蝠の会に芸協の前座さん「三遊亭遊七さん」が7月2日「日」午後2時よりの会に出演いたします。

遊七さんは千駄木出身です。

落語会の会場の「駒込」も千駄木エリアとも近い距離感ですので遊七さんをお呼びいたしました。

「柳家小蝠の会~芸協噺・駒込編」では芸術協会の新作や古典噺などを織り交ぜながら楽しんでいただく企画です。

年6回開催・第1回目口演は3月5日「日」です。奇数月第1日曜日午後2時~4時開催です。

お問い合わせ:080-4446-9090 菊池

 

 

 

コメント

味のきょうしろう

2017-01-30 10:36:23 | 落語会

毎週水曜日の午後7時から開催中の「味のきょうしろう」も2月1日で4回目の口演となります。

2月は毎週開催いたしますので4回公演です。

「味のきょうしろう」では古典2席の口演をいたします。

新作のイメージの師匠ですが「味のきょうしろう」では古典を中心に口演をいたします。

ご予約:080-4446-9090 菊池

コメント

宝井梅湯さんがゲスト出演します

2017-01-29 23:42:48 | 落語会

柳家小蝠の会~芸協噺会・駒込編~の5月7日「日」午後2時開演のゲストは講談の「宝井梅湯」さんです。

講談の釈ネタと言われている噺が落語にも口演されます。

そんな釈ネタを「宝井梅湯」さんに今までも口演していただいています。

5月7日「日」の会でもこの釈ネタでの口演をお願いしています。

ご予約:080-4446-9090 菊池

コメント

今日の歳時記・バレンタイン

2017-01-29 11:19:07 | 俳句

ハートのラズベリーがのったチョコレートケーキをプレゼントされました。

バレンタインの可愛いチョコがあちこちで目に飛び込んできます。

甘いものを沢山いただきますのでダイエットはできません。

バレンタイン・・・春(初)

いつ渡そバレンタインのチョコレート・・・田畑美穂女

大いなる義理とて愛のチョコレート・・・堀口星眠

バレンタインデ‐積らぬ雪に降りにけり・・・角川春樹

五人目が本命バレンタインチョコ・・・南冨美子

コメント

ゲストは三笑亭夢丸師匠

2017-01-28 23:47:23 | 落語会

柳家小蝠の会~芸協の噺会・駒込編~は奇数月の第1日曜日午後2時開演です。

3月5日「日」の第1回目のゲストは「三笑亭夢丸師匠」です。

2つ目時代の「夢吉」さんの印象がとても強いのです。

明るいキャラクターで前座時代の逸話がとても印象に残っています。

普段には、なかなかは聞けないような落語芸術協会ならではの噺などでお楽しみください。

 

 

コメント

駒込落語会

2017-01-27 22:55:45 | 落語会

駒込落語会の会場はJR駒込駅東口下車徒歩5分です。

JR駒込駅東口改札口を背にして右手に行きそのまま、線路沿いに「JR田端駅方向」に歩きます。

一度信号機のある通りを越しますと右手に「さわやか接骨院」が見えます。

そのすぐの角を右に折れて50メートル先の角のベージュ色の民家の1階が「駒込落語会」の会場です。

白い出窓と「駒込落語会」の看板が目印です。

住宅街の中にある寄席小屋ですので捜しづらいかと思いますが一度ご来場いただけたらとても駅から近く感じられます。

★駒込落語会住所:北区中里1-26-10

 

コメント

柳家小蝠の会〜芸協の噺会・駒込編〜

2017-01-26 23:28:06 | 落語会

奇数月の第1日曜日の午後2時~4時(午後1時30分開場)・年6回公演です。

開催月:3月5日・5月7日・7月2日・9月3日・11月5日・翌1月7日

落語芸術協会に伝わる新作や古典噺を中心に毎回ゲスト(1席)をお迎えしながらの「柳家小蝠師匠・2席」の会です。

木戸銭:ご予約1800円(当日2000円)

定員20名

会場:駒込落語会

ご予約:080-4446-9090 菊池

 

コメント

毎週金曜日午前寄席

2017-01-26 21:54:38 | 落語会

2月3日「金」から毎週金曜日に落語会が開催されます。

午前寄席は10時30分~11時30分です。

2月3日「金」午前10時30分開演の出演者は上方から「桂弥太郎」さん+「柳家小はぜ」さんのお2人が出演いたします。

2月3日「金」はネタだしです。

弥太郎さん「ちはやふる」・小はぜさん「提灯屋」です。

木戸銭:500円

終演後にミニ茶話会あります。

ご予約:080-4446-9090 菊池

コメント

柳家喬志郎手拭いバック

2017-01-25 17:14:51 | 落語会

駒込落語会にご出演の噺家さんの手拭を使って「オリジナル・グッズ」をお作りしています。

今年から「柳家喬志郎師匠」の手拭が新しいデザインになりました。

ご自身のデザインによる手拭柄になりました。とてもメルヘンティックな手拭柄です。

紺と白ですっきりとした手拭で噺家さんぽくないところが個性です。

「味のきょうしろう」のポイントでグッズは進呈いたします。

★2月の「味のきょうしろう」は毎週水曜日午後7時開演します。

2月は1日・8日・15日・22日の4公演いたします。

 

コメント

坊枝・喬志郎の東西寄席

2017-01-25 17:08:30 | 落語会

2月11日「土」午後2時~4時「坊枝・喬志郎の東西寄席」

上方の「桂坊枝」師匠と「柳家喬志郎」師匠による落語会です。

坊枝師匠は駒込落語会の新しい小屋に初めてご出演していただきます。

また膝隠しを江戸指物師「渡辺」によって作っていただきましたので坊枝師匠に使っていただけてとても嬉しいです。

ネタだしでの口演です。

坊枝「延陽伯」+お楽しみ1席 喬志郎「柳田格之進」

木戸銭:2500円(当日2700円)

ご予約:080-4446-9090 菊池

 

コメント

一琴・喬志郎の噺会

2017-01-24 23:08:36 | 落語会

2月4日「土」午後5時~7時より「一琴・喬志郎の噺会 其の5」が開演いたします。

平成28年度に年4回赤坂で開催していましたこの会を「駒込落語会」の会場に移動して新たな企画での開催いたします。

平成28年度はネタだしでの開催でしたが29年度は両師匠のお気に入りのネタでの口演です。

木戸銭:2200円(当日2500円)

会場:駒込落語会

ご予約:080-4446-9090 菊池

コメント

喬志郎・弥太郎若手二人会

2017-01-24 23:05:19 | 落語会

★2月の公演のお知らせ

2月3日「金」午後7時~8時30分「喬志郎・弥太郎若手二人会」

出演:柳家喬志郎・桂弥太郎

ネタだし:喬志郎「平林」+他1席・弥太郎「短命」+他1席

木戸銭:1500円(当日1800円)

会場:駒込落語会

JR駒込東口徒歩5分(北区中里1-26-10)

ご予約:080-4446-9090 菊池

 

コメント

今日の歳時記・蘭

2017-01-24 10:52:50 | 俳句

小さなそれはそれは小さな可愛い蘭をいただきました。

咲き終わってからまた来年につぼみが付くようにと願いを込めて大事にしていきたいと思います。

小さき事は愛おしさにも繋がりますね!

蘭の季語・・・秋(初」

秀でてる詞の花はこれは蘭・・・・宗因

月落ちてひとすじ蘭の匂ひかな・・・大江丸

蘭の香にかなひて眠る薄瞼・・・飯田龍太

コメント

噺家の(317)

2017-01-23 15:13:46 | 落語会

1週刊の始めはLIVEで聞いた落語の演目と噺家名を記入します。

1.宝井梅湯・・・・「出世の春駒」「関東七人男」「味方ケ原軍記」

まくらでの「駒込落語会」で勉強会を毎月やることになったいきさつをたっぷりと話ます。

「倶楽部ぼたん」に梅湯さんがゲストに来なければ今に到りませんでした。

そして釈台制作の「江戸指物師「渡辺」」をご紹介いただいたのも梅湯さんです。

立派な釈台を作り100年後の釈台の色合いが楽しみと・・・人々は変わってもこの釈台は変わらずに白扇の音を出しているかと思うと道具がいとおしく感じられます。

小さな小屋ならではの雰囲気がでた講談の会となりました。

2.柳家小はぜ・・・・「一目あがり」「たらちね」

2つ目に上がってスタートします自身の勉強会の1回目公演です。

この小屋にとっても小はぜさんのように丁寧に一つづつ積み重ねていく噺家さんに使っていただけて嬉しいのです。

等身大の小はぜさんの噺で楽しんでいただけました。

1時間30分以上の高座を休憩なしで語ります。

足のしびれもなくひょうひょうと・・・「足のしびれはないのですか・」という問いに「日常でも正座の生活で慣れています」とまっすぐな瞳でにこにこしながらの回答です。

 

コメント