さて・・と

50代専業主婦の日々の暮らしです。

気づきと反省

2012年07月07日 09時40分57秒 | 娘のこと
最近なんか色々あって、本当に悩む。

娘が夏休み中にキャンプに行く予定だった。

申し込みもしてスッゴイ楽しみにしていた。


音楽系のキャンプなのでピアノの練習をしなければ行かせないと言っていた。

息子はちゃんと毎週のレッスンに合わせて練習していた。

娘は全然練習しないで、遊んでばかりだった。


とうぜんレッスンのとき練習していないから全然出来なくて泣いたりして。


息子はちゃんとやるんだよね。

宿題も言われなくてもキチンと自分でやってる。5歳なんだけど。


娘は遊んでばかり。

ゲームしたりTVを見たり。


学校の宿題すら言われて言われてやっとやる程度だった。

他の勉強なんて出来ないよね。

宿題は本当に半端ない量で他のお母さんたちも悲鳴を上げるほどなのだ。


実際、2時間以上に宿題に時間がかかる。

ウチなんて2時間じゃ終わらないほど。


半端ない量なのだ。


たとえば、割り算の問題で答えにあまりが出るような問題。

片面20問あり、それを5枚。

つまり、1枚40問あり、それが5枚。つまり割り算の問題だけで200問。


その他に漢字練習で20個の熟語を10回ずつ書くとか。

その他に音読があったり、国語プリントがあったり。


本当に半端ないんだよね。


それが平日に普通にあるんだ。


親も宿題が恐怖なんだよね。




ま、話しそれたけど。


で、最近娘がやたらと学校に宿題をおいてきたり、ドリルをなくしたりしていた。

ドリルに関してはいつも出てくるんだけど、先週もなくしたと言って、学校に探しに行かせた。


なかなか駐車場で待っても来ないので、しびれを切らして学校の中に入っていったら、先生と話している。


先生に挨拶して、ドリルがないことを伝え、私が一緒に教室に行って探しても良いですか?と尋ねたらそうしてくださいと言われ、誰もいない教室に入った。



まず娘の机の引き出しを開けると・・・・想像をはるかに超えた現実が・・・・。


娘の机の引き出しはプリントが一杯でびっくり。

あまりの惨状に本当に本当にびっくりした。



なかから色んなものが出てきた。

当然探していたドリルも見つかった。


全部家に持ち帰ることにして、家でプリントの枚数を数えた。


70枚入ってた。


娘はウソをついていたのだ。

ウソというか、プリントを返されてたのを家に持って帰ってこなかった。隠していたのだ。


娘がそんなことをするって事が本当にショックだったし、娘がそういうことをする子だって認めなければならない現実に本当に青ざめた。

いったいどうしちゃったんだろう・・・・。って。



娘に聞くと、「いつか持って帰るつもりだった」「ママにおこられると思って持って帰らなかった」とか・・・いろいろいい訳を言っていた。



先日、夏休み中にする書道の申し込みがあり、封筒にお金を入れて申込用紙を渡した。

のに、そのまま連絡袋に入ったまま持ち帰ってきた。

聞くと、今年はやりたくないって。


娘はこのところ、ここ数週間、本当に勉強にしてもいろいろやる気というか、姿勢が悪く、ピアノにしても態度というか本当に悪くてそれが私の悩みでもあり、Amazonで思春期の子をやる気にさせる本とかを買ったりして読んでいるところだった。


キャンプに関しては、約束を守れなかったことで夫と相談して娘は行かせないことにした。

息子だけキャンプに行くことに。

ちゃんと練習して、毎回先生に○をもらわないと行かせないと約束していたのを私たち夫婦は守ることにした。

娘はどうせ行かせてくれるってたかを括っていたと思う。

が、親は本気であることを証明しなければならない。


本人に話して、納得させた。



・・・・いろいろ書いたけど、今までが前置き。



実は私がいけなかったと言うことに気づいた。


ピアノ、私は小さいときからピアノを習っていて、娘の年齢のときに比べるとはるかに進んでいてもっともっと上手かった。

だから、娘のピアノの練習のとき、イライラしてかなりキツく指導してた。

なんで出来ないのか、なんでちゃんとしないのか。



書道、私は小さいときから何かを書くことが上手で、書道に関しても習ったことはないけど、記憶では中学の夏休みとか冬休みに提出する書道のコンテスト(何て言うの?)では毎年常連のように入選だかなんだか、賞をもらっていた。

絵に関してもそう。
毎年なんかしらの賞をもらっていたし、実際、幼稚園のスケッチブックが残っているんだけど、娘や息子の物とは比べものにならないほど上手い。
今自分で見ても、本当に幼稚園生が書いたのか???と思うほど上手いのだ。


時代は違うけど、私が小学生のときはテストとか100点なんて当たり前で、それ以下なんてよっぽどバカなんだと思ってた。


娘は本が好きで辞典も大好きで、ものすごい物知り。
ゲームも小さいときから出来ていて、なんでも操作できていた。

そういう所で安心しちゃっていて、この子は頭の良い子だと思っていた。


1歳半検診で、パズルを持っていってやらせていたのをハッキリ覚えている。

初めての子でそれが普通だったんだけど、それもとても頭の良い子と思う要因だった。

1歳半のときには言葉はほとんど話せて、意思の疎通には困らなかった。

本当に頭の良い子だと思っていた。




それが、そのピアノのこと。

書道でも毎回、「なんでちゃんと見本通りにかけないの」とかなりきつく言っていた。

実際、出来ない我が子にかなりイライラしていた。


宿題も、サッサと早くやれば良いのにグズグズしていて、それも私がかなりイライラしていたし、かなり怒っていた。

なんで間違えるの、こんな簡単なことを。

と・・・。




・・・・・そう、私が娘の芽を押しつぶしていた。

娘のやる気をすべて潰していた。

娘を伸ばすことを全然していなかった。



娘は私に怒られるのがイヤで、ピアノの練習もしなくて、学校での返されたプリントをも持ち帰らず、書道もやりたくない。


そういう娘にしてしまった、追い込んでしまったワタシがいけなかった。

やっと気づいた。今頃。



実際、先日の授業参観で廊下に書道の展示があった。

親のひいき目もあるだろうけど、娘の字が一番上手だった。

実はこの時ほんとうにビックリしたのだ。

娘の書道は本気でヘタだと思っていたから、実際ほかの子と比べるとこんなに上手だったの???って本当にビックリしたのだ。

娘は聞くと、書道の時間が大好きらしい。


でも、家ではやりたくないと。

それはママが一緒だからだよね。

ゴメン。本当にごめん。


今からでも間に合う?

ママは変わろうと思う。


私はかなり厳しく子育てをしてしまっていた。


レストランでも絶対に席を立たせない、とか、常識だと思う事を守らせていた。

他にもいろいろだけど、本当に厳しすぎるほどだった。


本当に反省している。


子供達がしっかりしている、凄く良い子ねって言われたくて、ママが自己満足で頑張りすぎてしまっていた。



本当にいたらない。


心入れ替えて行こうと思う。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 娘の検査入院決定 | トップ | とりあえず退院 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私も・・・ (ぴぐも)
2012-07-08 12:20:30
その気持ちわかります。。

最初の子供って親の期待がすごくて、なんとか答えようとするんだけど、親の期待の疲れたり、頑張っても親の期待に応えられなくてしかられたりするとやる気なくなるのも経験している私の子供時代。

私は自分の子供にそういうことは絶対にしない。。。と思っていたのですが、ついつい長男には厳しくなって期待をかけてしまってるんですよね・・・

最初の子供って素直で親の気持ちも汲んでくれる頑張り屋さんなんだけど、要領が悪くて不器用な面もあるんですよね・・・

でも、私に比べたら、頑張っているので、気が付いた時から、小さなことでも喜んであげるように意識しました。

テストで以前よりいい順位や点数を取ったときは、壁に張り出したり、ファイリングしたりして、いかにも親は喜んでいる♪って感じですると、長男はますますやる気になりました。

子供はほめて育てる・・と世間ではいいますが、ほめるのって難しいんですよね・・

でも、子供はいつも親に認めてもらいたい願望をもっていると思うので、小さいことでもほめてあげるようにして、もし、子供さんがらしくない行動をとってしまったときは、

「いつものあなたならこんなことしないのに>なにかあったの???」

と聞いてみてはいかがでしょうか?
そしたら、子供って親を悲しませてはいけないな・・と思って前向きになれるような気がします。

2番目の子供さんよりも1番目は要領が悪くてイライラするときもあるかと思いますが、そこは忍耐で乗り越えてください。

子育ては親育てといいますね。
子供が教えてくれているんだと思い、私も日々忍耐で頑張りま~す(^_^)v
思いっきり苦戦中です(__;) (ripa)
2012-07-08 15:55:26
ぴぐもさん、いつもコメありがとうございます。
褒めるってホントに難しい。
何度も何度も繰り返されるとついイライラしてしまいます(x_x)
親の喜ぶ姿を見せるって、なんか意外と難しいですね。
なんだかこの頃反省ばっかり。
上手くいきません。

さっきも怒ってしまった(´ヘ`;)ハァ

子育ては親育て、ホントですね。
あ~~~、がんばれるかな~~~。
がんばらないと。
娘の人生をワタシのせいで台無しには出来ない。

応援メッセありがとうございます。ホントに<m(__)m>

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

娘のこと」カテゴリの最新記事