広告する日記

絵本作家・内田麟太郎オフィシャルブログ

手塚治虫の戦争と平和

2018年06月27日 17時29分07秒 | 日記

   手塚治虫 解説・小森陽一 子どもの未来社 1500円+税

 4月だったでしょうか、共同通信社から「子どもたちへのメッセージ」を依頼されました。それはこどもの日をはさみ各紙に掲載されました。そのなかで私はこう書いていました。 

  「それからマンガ家の手塚治虫さんや馬場のぼるさんたちです。手塚さんは平和と正義の大 切さを、馬場さんはそれを読むだけで、私をあたたかくつつんでくれました。」

 小学六年生の私には、手塚治虫はどの漫画よりも平和を語る漫画家でした。そこに描かれている戦争は悲しく虚しいものでした。その悲しさと虚しさは、平和への願いとなって私の心に住み続けました。

 でも、上京してきた私は月刊漫画誌『ガロ』の読者になり、その後の手塚治虫を知りませんでした。手塚は変わることなく平和を語っていたのです。いや、手塚漫画は漫画読者の年齢の広がりとその可能性、そしてベトナム戦争に加担したこの国を見つめつつ、より深く戦争の虚しさと事実を。そしてより平和への希求を表現していました。これは、あの日の少年(私たち)を裏切ることなく歩みつづけた人の本です。

 「手塚治虫の戦争と平和」を、雑誌編集者時代に手塚治虫担当をしていた野上暁さんが書いています。

 有明新報 6月27日

 いつものように礼状を書いた後は、童話の続きを書いていました。突然、しろねこピンクが登場してきてくれました。こうなると書く楽しさが増えてきます。

 今日の確言 なかなか金は落ちていない。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
« 逸脱娘 陣崎草子さん | トップ | 体がほしいの (^^ ) »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今日の格言 (北の町から)
2018-06-27 20:14:33
お思わず声を出して笑いました。
本文とのギャップもなかなか……
そうか (内田麟太郞)
2018-06-27 21:02:46
北の町からさま
 本文とのギャップには気がつきませんでした。バレタ!
宝島! (木枯らしモンジャロウ)
2018-06-27 23:20:34
手塚治虫氏は、日本の宝ですね!安倍ちゃんは、きっとよんでいないでしょうね!?
明日は、神楽坂でお世話になります。よろしくお願いいたします。
「絶好の機会」 (ひでちゃん)
2018-06-28 05:31:22
内田麟太郎さま
「社説」嬉しいですね。大牟田ファンを増やす――うるうるしてきます。よかったあ。
神楽坂 (内田麟太郞)
2018-06-28 07:57:03
木枯らしモンジャロウさま
 田舎にいる頃は神楽坂はあこがれの町でした。三味線が聞こえ……。ああ。
 神田神保町も。『少年』の光文社が。

ひでちゃんさま
 ずしりと、肩に荷物がね。重いのよ~。

いろんな方法が (北の町から)
2018-06-28 11:50:59
とりづくしたのんだら、何故か送料が前回に比べて格段にやすい!
その代わり、八月の二十日過ぎに送ります、ですって。
同じ出版社なのにね。電話を受けた方によって、いろいろなんですね。気長に待ちます。
おっしゃるように、まてばかいろのなんとやらです("⌒∇⌒")
ボケ (内田麟太郞)
2018-06-28 21:13:31
北の町からさま
 送料が安い!?
 昨日の東京は暑かったからなぁ。
 ぼけぇ~

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事