りんたろうのきときと日記

美味しいものと好きな事、楽しい事、時々ネコ

「しんぼる」観てきました♪

2009年09月22日 00時19分49秒 | 映画
☆「しんぼる」
監督・脚本・出演:松本人志

メキシコのとある町。
妻子と父と暮らすプロレスラー“エスカルゴマン”は、いつもと変わらぬ朝を迎えていた。
しかしその日、妻は彼の様子がいつもとは違うことを感じていた。
それは今日の対戦相手が、若くて過激なレスラー“テキーラ・ジョー”だということだけでなく、何かが起こりそうな妙な胸騒ぎを感じていたからだった。
一方、奇妙な水玉のパジャマを着た男は、目を覚ますと四方を白い壁に囲まれた部屋に閉じ込められていた。
ここがどこなのか、どうして連れてこられたのか。
見当もつかないまま、とりあえず出口を探し始めた彼だったが、突如壁一面に、天使が現れる。

松本人志監督作品第2弾。

白い壁の部屋に閉じ込められている水玉のパジャマの男を演じるのは松本人志。

何の予備知識もなく、期待せずに鑑賞したのですが、これが予想に反して面白かった(^-^)☆
全編、シュールな笑い満載で、まさに“松ちゃんワールド”。
その細かい笑いは、ことごとく僕のツボにハマる☆

メキシコと、閉ざされた白い部屋の2箇所を舞台に、笑い→ドラマ→笑い→ドラマ・・・と交互に描かれるストーリーは、テンポ良く、飽きることなく観る事が☆

目覚めると密室で、数々のヒントを解きながらのそこからの脱出劇は、「CUBE(キューブ)」、「SAW(ソウ)」、プロレスラーの父が息子の声援を受け強敵に挑む姿は「チャンプ」を彷彿。
劇中、壁一面に無数の可愛い“ちんちん”が出てくるのですが、大人の天使の部屋では、大人の“チ○コ”が出てくるのでは?と少しドキドキしてしまった(^-^;(笑)
あ、オチは、難解過ぎてわかりません(^-^;(笑)
完全に観る人を選ぶ作品。
どちらかというと、映画というよりは、DVD向き、93分の壮大なコントといった感じで、賛否両論あった「大日本人」同様、シュールな笑いと、難解なストーリーは、好き嫌いが分かれるかと。
その笑いに乗り遅れた場合、かなり辛いかも(^-^;

コメント (3)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« 秋ですね~ | トップ | 果肉たっぷりロールケーキ♪ »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
松ちゃんって (シネマ大好き娘)
2009-09-22 06:12:09
天才だよね~~

よかった~シネマも、おちわからんかった~^^
Unknown (今日子)
2009-09-23 21:38:01
来週観に行きます~~~。
Unknown (りんたろう)
2009-10-02 21:27:22
☆[シネマ大好き娘さん]
面白かったですね(^-^)
うん、オチは難解でわかりませんでした(^-^;


☆[今日子ちゃん]
楽しんできてね~(^-^)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

3 トラックバック

しんぼる (LOVE Cinemas 調布)
人気芸人・松本人志の監督第2作。監督・企画・脚本・主演の一人四役をこなす。『南の島のフリムン』でチーフプロデューサーを務めた岡本昭彦がプロデューサー。不思議な部屋にパジャマ姿で閉じ込められた男とメキシコのプロレスラーの様子がパラレルで描き出される。この...
「しんぼる」プチレビュー (気ままな映画生活)
前作、初監督作となった「大日本人」で遺憾なくその 才能を発揮した松本人志監督。 といっても、あの世界観にすんなり入り込めない人も 多々いるだろう。批判も多かったですが・・・
吸湿や 二十三夜の 隙間風 (tequila)
 昨夕は、鍼灸医を目指している友人に往診を頼んだのだが、腕がメキメキ上達していることもあり、俺の体は万全だ。その後、数週間ぶりに彼女に誘われたので、池袋にて、松本人志監督の『しんぼる』という映画を鑑賞した。スタンリー・キューブリック監督の『2001: A Spac...