林 住 記

寝言うわごと独り言 のようなもの

ナナコよりぽん太

2018-12-13 | 重箱の隅

ポイントが欲しくて、ポイントカードを何枚も持っている。
コンビニではセブンイレブンの「nanaco」カードとローソンの「お財布Ponta」カードを持っている。
ファミマは「」カードでポイントが付くらしいが、近所に店がないので使うことがない。

nanacoはあらかじめ現金を積んでおく。
支払いする時に残高から、支払い金額を引き落として、ポイントを付ける。
現金を積んでおかないとポイントをくれないのだ。
そしてレジで、2回から3回、じじぃがカードを読み取り機にかざなければならない。

残金不足のため現金を補充してから支払う場合、レシートが2枚になる。

Pontaはそんな面倒なことはなく、カードを店員に渡し支払い額をキッカリ現金で払えば、ポイントを付けてくれる。

レシートは必ず受け取り、就寝前に家計簿に記録することにしている
これは呆け防止のためでもある。何しろレシートが無ければ、その日一日、何をしたかを思い出せないからね。

Pontaのレシートはそのまま1行に転記できるが、nanacoの2枚はどう転記するか、毎回悩むことになる。

品揃えはセブンがローソンより勝っている。
でも、セブンは支払いが面倒なので足が遠のき、nanacoカードに慣れることがないから面倒が続く。

  

  朝のTVで、羽鳥慎一が「ペイペイ」という、スマホを使う新しい支払方法について説明していた。
  先週末、利用者に大迷惑をかけたソフトバンクが仕掛けたらしいが、森生には仕組みがよく分からない。
  セブンやローソンがペイペイを導入するなら、コンビニは利用しないつもりだ。

  181213

コメント (1)

イタめしを食いながら

2018-12-12 | 林住期

仲良し3爺で、お洒落なイタめし屋に入った。

平日でも店内は満席。
大分待たされて席に着いたけど、回りは全員ママ友ばかり。その賑やかなこと!

子育てを終えた、働き盛りの女性たちがうじゃうじゃがやがや。人手不足はウソだと思う。

耳が遠くなり、滑舌が悪くなり、人手ではなくなったじじぃたち。

  このスパゲッティ、ボンゴレっていうそうだけど、名前ほど美味くないねぇ。

  スーパーで売ってる冷凍パスタをチンするほうが美味いよ。値段は半分以下でもね。

  フォークの代わりが丸い箸じゃぁ滑ってしまうわぃ。割り箸でいいんだよな。

などと、他愛のないことを、周りの騒々しいママたちに負けずに、2時間にわたって語り尽くした。
愉しかったが、たまに大声で会話したので、しわがしわがれ声が一層しわがれた。

  181212

コメント (2)

寒暖差疲労

2018-12-11 | 林住期

突然、酷く寒くなり、肌着をヒートテックの長袖と股引にした。
予報士は「沿岸低気圧が通過し雪になるかも」などと嬉しそうだ。冗談じゃないよ全く。

最近、どうもエンジンがかからないのね。
youtubeでUSAを視聴している間はいいけど、止めるとガックリする。
ヤングマンや365歩のマーチも聴かなくてはならないようだ。

だるい・頭が重い・肩が凝る・動悸がする・ふらつく・血圧が上がる・やる気が起きない.........。

やはり加齢性勤続疲労には勝てないなぁ、と慨嘆していたが、どうも「寒暖差疲労」という新しい疲労らしい。

慢性疲労・金属疲労・眼精疲労・制度疲労・疲労骨折・筋肉疲労・介護疲労・記事更新疲労・疲労困憊。
新発見の疲労についてはこちらをご覧下さいね。
簡単即効対策は、首を暖めることらしい。

  ところで......。

  就寝する際、フリースの肩掛けを2枚用意し、首肩耳を覆うと、ホカホカして熟睡できます。
  ただ、熟睡しても、昼間、じっとしていると眠ってしまう。
  これは、やはり加齢性勤続疲労の方だろうな。

  181211

コメント (2)

通信障害?

2018-12-10 | じゃじゃ馬馴らし

ソフトバンクのスマホや携帯電話が使えなくなり、都会では大騒ぎになっていたそうだ。
原因は、ソフトウェアがどうたらこうたら。.......よく分かりませんな。

ドコモの楽々ガラケーを10年くらい前から持ってはいるが、常時、電源は切っている。番号は覚えてない。
年に1~2回、出先で電話する時は、慣れてないのでオロオロする。

ガラケーの先のスマホなんか、田舎で仙人をしているじじぃには関係ないことだ、と思いたい。

思いたいのであるが、近頃そうとも言えなくなっていた。
たまに街に出て友だちじぃさんに会うと、結構持っていて、森生に見せびらかすのである。
買物の支払いは、スマホでないと受け付けなくなりそうな噂も聞いた。

タイヘンだ。バスに乗り遅れるそ。
ガラケーはパスして、スマホに乗換えるべぇか、と密かに考え始めていた。

だけど、今度のような事故が発生したらお手上げらしい。不便な便利。
スマホの購入はもぅ少し先に、と思いはじめた。

  挿絵は五味太郎卓上暦から。

  181210

コメント (6)

カモン・ベービー・アメリカ

2018-12-07 | 歌の翼に

じじぃだって流行り物は気にかかる。


で「カモン・ベービー・アメリカ」をようつべで検索。
これです▼▲

  U S A

DA PUMPという連中が踊りながら歌う「USA」という流行り歌だった。
だらしない恰好のあんちゃんたちが、激しく痙攣している。
息が上がってないのでクチパクだろうね。

連中、ムチウチ症やギックリ腰にならないんだろうか。
ロボットが歌い、踊っているようだ。
若いって羨ましい。

歌詞のイミがよくわからない。アメリカ賛歌なら古臭い。
だけど、そんなことをほじくるのはヤボ。

この「カモン・ベービー・アメリカ」のところはじじぃも直ぐ覚えられて、口ずさんでいる。
日向ぼっこしながらようつべを見てると、うな垂れている心が上を向く。

時にはこういう騒々しい歌もイイネ。

181207

コメント

雨が降っている

2018-12-06 | 林住期

冷たい雨が降っている。エンジンがかからない。
今日はこの4行を書いただけで、一日中ボケーッとしているつもりだ。

それで何の差し障りもなく、チコちゃんも叱ってくれない。
悲しいもんだね。

181206

コメント (2)

新駅の名前

2018-12-05 | 重箱の隅

JR東は、山手線品川田町駅間に開業する新駅の名前を「高輪ゲートウェイ」に決めた。
駅名公募では64000件の応募があり、高輪8398・芝浦4265・芝浜3497件の順で応募数が多かった。
高輪ゲートウェイは36件で130位だったが、社内の選考委員会は敢えてカタカナ入りの駅名を選んだ。

選んだ理由は、
 1.ここは江戸時代の玄関口として栄え、明治には初めて鉄道が走った由緒あるエリア。
 2.過去と未来、日本と世界を結ぶ結節点として相応しい。
からだそうだ。この屁理屈には
笑っちゃいますね。

何かとカタカナを付けたがるNHKの病気が、JRにも伝染したようだ。
じじぃはね、素直に高輪にするか、洒落て芝浜がいい。

  埼玉県さいたま市には昔から浦和駅があった。その後新路線が開通したりして、いくつか新駅が開業した。
  その駅名が、東浦和・西浦和・南浦和・北浦和になり、更に中浦和と武蔵浦和である。

  181205

コメント (2)

川の秋

2018-12-04 | 高麗便り

天気がいい。家に引き籠ってはいられない。ネタを探さなくては。



高麗川の上流、横手渓谷の奥に洒落たカフェがある、と聞き出かけた。

団地を下り、高麗橋から川沿いに歩く。

深呼吸して、自己責任でガタガタ橋を渡る。

こちら側も秋、向こう岸も秋、水面も秋。

西武電車の踏切を渡り、いよいよ山懐へ。

目的の店の名前は「HACHISU」。落葉に埋まりそうなカフェだった。

  

  焼き鮭定食1300円にしたけど、洋食が良かったようで。
  写真は11月30日に撮りました。

  181204

コメント (2)

里の秋

2018-12-03 | 高麗便り

高麗の里は秋たけなわ。

街に住む人に、ちょっと自慢できる秋。

場所は日和田山東麓、かわせみ街道」沿い。

だけど、誰もが見ていても、気付かない風景。

つまりパソコンで、電柱電線・産廃・住宅などを取り払った理想の風景、というわけ。

畑を潰し、増える文化住宅と駐車場と、ガラクタ置場。

ごちゃごちゃして、自慢できない里になってきた。

お休み処は清流の里。西洋骨董をごちゃごちゃ置いているシェノワへどうぞ。

  

  11月29日と12月1日に撮りました。

  181203

コメント (2)

さんざんな一日

2018-11-30 | 病院巡り

入歯の調整は2回目だったが、噛み合わない。
薄紙をガチガチ噛むと、どうして歯が噛みあうようになるのか不思議だ。
その前に、本物の歯茎に食い込む人工の歯茎を削って欲しい。

前歯のブリッジは未だに馴染まず、存在を強く主張する。

バスが少ないので、眼科があるクリニックへは歩いて行った。
鹿台橋からは、トラックが巻き起こす風に煽られながら、とぼとぼ歩くのは恐ろしかった。
眼科があるリゾートホテル風クリニックは、場違いなじじばばで混雑していた。

瞳孔を拡げる目薬を差され、検査・診察で2時間近くも拘束された。
やっと解放された病院出口。西日で目が眩んだ。

調剤薬局は30分待ち。目薬を受け取り外に出たら、陽は既に傾き足元が薄暗い。
県道を避け清流橋から天神橋まで川原の遊歩道を、転落しないように歩いた。
辿り着いたコンビニは照明が眩しく、お叱呼だけで失礼。

鹿台橋からは上り坂。瞳孔はまだ開いており、街灯が滲み足元が危ない。
坂道をよろよろと猫額亭に辿り着いた。

  

  歯医者も眼医者もキライである。
  猫なで声を使いながら、酷い仕打ちをする。
  
さんざんな一日だった。

  181130

コメント (8)

猫とこたつと六帖間

2018-11-29 | 拍手

イラストレーター・エッセイスト・装丁家など、多芸多才な南伸坊さんは俳句を捻る。
森生から見れば「上手いもんだなぁ」と思うけれど、伸坊さんは満足していない。
嵐山光三郎氏や故・安西水丸に、
差を付けられている、と考えている。

伸坊さんは、ある画廊が出している「俳画カレンダー」の俳句と俳画を、三人で担当していた。
そこで二人に対抗するために「猫の手」を借りることにした。

すなわち、俳画には猫の絵を描く。猫好きが多いので、猫の絵が喜ばれると気が付いたからだ。
更に猫が俳句を作る、ということにすれば、色々ある俳句の約束事を守らなくても済む。
べんきょうが苦手。無責任になれて、ムズカシイことを考えなくてもいい。

  

 

例えば、

  てふてふと よこぎるものあり ねこ見てる

だが、これでは作っているのは人間である、と見えてしまう。そこで、

  てふてふと てふてふてふと ちょうちょとぶ

  に変更した。

カレンダーで伸坊さんが受け持った月は、2月・5月・8月・11月だった。
そして2月は節分、5月は鯉のぼり、8月はひぐらし、11月はこたつを選んだ。

以下は「俺は猫だぞ、猫だからな」と強く思いながら作った4句です。

  ・はるのひる あんなところに としのまめ

  ・はれたそら おおきなさかな そよぐかぜ

  ・きょうのひも くれてゆくかな かなかなかな

  ・いつのまに こたつきてるなり ろくじょうま

全部平仮名になってるのは「猫だし、漢字は書けないだろ」とみくびっているのである。
しかし平仮名で書いているうちに、だんだん考えが猫寄りになってきた。
そして「バカにすんなよ、六帖間くらい書けらぁ」とか思えてきた。

とまぁ、こんなことが書いてある、伸坊さんの最新本が「くろちゃんとツマと私」であります。
腰巻の惹句は、

  のんびりのんき なんでもない楽しい生活。

  となっており「なるほどそのとおりだなぁ」と羨むじじぃだった。

  

  181129

コメント

冷え込む

2018-11-28 | 林住期

朝寝坊をした。毎度のことだけど。
酷く冷える。

きょうは、歯医者と眼医者を予約している。
じじぃになっても多忙なのである。

冬支度もしなくちゃいけないし、腹は減る。
記事更新どころじゃありません

   181128

コメント (2)

ケエ子さんが住む里

2018-11-27 | 高麗便り

梅原の里は、高麗峠の登り口にある。

豪華な屋敷。黄金の絨毯。

近頃は、野菜より花畑のようだ。

しかしケエ子さんは偉い。お会いして、ウィンウィンの関係を築きたい。

縄文時代からの家もある。

  

  イマ風も増えた里の、秋です。

  181127

コメント

小春日和

2018-11-26 | 高麗便り

川原は小春日和だった。

堰堤で団欒する家族連れ。

高麗川を渡るひと。

天下泰平。ここまでは結構ですな。

しかしながら、実際はこんなありさま。人よりテントが多い。

昼日なか、テントの中で何しとるっ、マジメにやれっ。

憤慨したじじぃは、清流で顏を洗い、頭を冷やしました。

181126

コメント (2)

往復12364歩

2018-11-24 | 高麗便り

7時起床。普段より1時間近い早起き。1階居間は14度。この冬最低。
早速血圧測定。162/84。4回測り直しても50台に下がらないので、そのまま記録。
早起きの理由は、先生宅の昼食会に呼ばれていたから。

徒歩1時間。汗をかき、約束時間にやっと間に合った。
あんちくじぃさんの手土産は取れたての銀杏。森生は恥ずかしながら駅前百貨店のクッキー。
話題はこの8カ月のご無沙汰で、不自由になった身体のあちこち自虐。

里の人々は早寝・早起き・早お昼。美味しいけんちん汁を頂き12時でお開き。先生は碁会所、あんちくさんは畑仕事。
森生は県道から外れ、のどかな栗坪・梅原の里をゆっくり歩き、高麗峠登山口から巾着田へ。
冬なのに川原は混雑。都会からの避難民村が出現していた。

2時間かけて2時に帰宅。日暮れまで庭の落葉拾い。
勤労感謝の日の歩数は12364歩。最近の4日分かな?
くたびれ果てて10時就寝。

181124 

コメント