ringoのつぶやき

音楽、ガーデニング、株、社会経済政治、etc・・・・日常の色々なことを書きたいと思います。

9月29日(金)のつぶやき その3

2017年09月30日 05時10分00秒 | その他
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月29日(金)のつぶやき その2

2017年09月30日 05時09分59秒 | その他
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月29日(金)のつぶやき その1

2017年09月30日 05時09分58秒 | その他
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月28日(木)のつぶやき その4

2017年09月29日 05時05分34秒 | その他
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月28日(木)のつぶやき その3

2017年09月29日 05時05分33秒 | その他
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月28日(木)のつぶやき その2

2017年09月29日 05時05分32秒 | その他
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月28日(木)のつぶやき その1

2017年09月29日 05時05分31秒 | その他
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月27日(水)のつぶやき その3

2017年09月28日 05時05分45秒 | その他
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月27日(水)のつぶやき その2

2017年09月28日 05時05分44秒 | その他
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月27日(水)のつぶやき その1

2017年09月28日 05時05分43秒 | その他
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月26日(火)のつぶやき その3

2017年09月27日 05時01分30秒 | その他
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月26日(火)のつぶやき その2

2017年09月27日 05時01分29秒 | その他
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月26日(火)のつぶやき その1

2017年09月27日 05時01分28秒 | その他
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

DJ-【社説】安倍氏の総選挙、メイ首相の二の舞いか

2017年09月26日 14時07分04秒 | 政治

 

 安倍晋三首相は25日、衆議院の解散と総選挙の実施を表明したが、その狙いは野党の足並みの乱れにつけ込み、与党・自民党に対する自身の手綱を強めることにある。だが英国のテリーザ・メイ首相が6月に実施した総選挙で示したように、その戦略は逆効果になりかねない。安倍氏の賭けは、強さではなく弱さの表れだ。

 安倍首相の支持率は今年、2つの学校法人を優遇したとの疑惑を受けて、一時約30%まで低下した。だが評判の悪かった防衛相が7月に辞任し、続いて内閣改造を実施したこともあって、現在はやや回復している。4-6月期(第2四半期)の経済成長は、実質国内総生産(GDP)改定値が年率換算2%超と、日本の基準では予想外に好調だった。

 最も重要なのは、北朝鮮の核・ミサイル開発計画を巡る緊張が、安倍氏のナショナリスト的な強さに貢献していることだ。安倍氏は一貫して防衛費増額や米国との安保協力強化を呼びかけてきた。金正恩氏が過去数週間に日本上空を通過する中距離ミサイル2発を発射すると、安全保障を重視する安倍氏の姿勢の正当性が認められた。

 一方、野党は全国にアピールする、求心力のある中道候補の擁立に苦戦している。民進党は今月、タカ派の前原誠司元外相を代表に選出した。しかし、代表戦は厳しい状況下で行われた上、前原氏が幹事長に起用しようとした議員は不倫疑惑で離党した。

 このほか野党で目を引くのは、7月の東京都議会選で自民党を大敗させた小池百合子都知事だ。小池氏は25日には、国政政党の「希望の党」立ち上げを発表した。思想的には安倍氏に近いがカリスマ性で同氏をはるかにしのぐ小池氏には、硬直した自民党から注目を奪う草の根的な動きを築いた実績がある。

 小池氏が来年10月以前に見込まれる選挙に向けて準備していたのは明らかだ。安倍氏は早期解散に踏み切ることで、小池氏側が勢いづく前に機先を制することができると期待しているのかもしれない。自民党が今年、党則を改定したことから、安倍氏は2018年9月の総裁選で3選を目指すことが可能になった。自民党が来月の選挙で成功すれば、安倍氏は立場が強まり、20年までに平和憲法を改定するという自身が追求する目標を主張しやすくなる。

 だが自民党が議席を減らせば、小池氏が別の面で勝利する下地が整うことになりかねない。安倍氏の指導力に対する信頼が損なわれれば、希望の党は自民党員に離党を促すだろう。最後には小池氏が自民党を吸収し、首相の座に就くかもしれない。

 小池氏は、安倍氏が12年に言明したような経済改革を目指すかどうかについて明言していない。これまでの言動からすると、主に関心があるのは民間経済を厳しい規制や重税から開放することよりも、政府を改革することのようだ。だが新たなリーダーは、少なくとも新たな希望をもたらすだろう。

 コーポレートガバナンス(企業統治)改革を除けば、安倍氏は選挙公約を実現できていない。政府は相変わらず新たな「ばらまき」に励み、日銀は量的緩和を続けている。労働法改革は進まず、生産性と実質賃金は停滞している。

 メイ英首相と同様、安倍氏は長く待つほど勝算が下がるとの懸念から選挙に踏み切ろうとしている。危険なのは、新たな信任を求める明確な理由を示さない指導者には、日本の有権者も背を向けるということだ。
-0-

Copyright (c) 2017 Dow Jones & Co. Inc. All Rights Reserved.

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月25日(月)のつぶやき その3

2017年09月26日 05時04分29秒 | その他
コメント
この記事をはてなブックマークに追加