やわらかくて安全・安心『リングビー』 ブログ

小学校への出張授業、ニュースポーツ「スコアーズ」、投力向上について、などなど…

リングビーとは?

ゴムスポンジ製のフライングディスク。 ボールと同じように上から投げることができます。投力向上を目的として小学校への出張授業も行っています。出張授業の詳細はコチラ→リングビーホームページ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2020-12-16スポコレ「スコアーズ」

2020-12-17 19:34:31 | リングビーを使ったニュースポーツ
昨日(12/16)は浅草ROX・3Gスーパーマルチコートで今年最後のスポコレ「スコアーズ」開催しました。
参加者は10人。ツカサの同級生、フレッシュな高校1年生ニッシーが初参加してくれました。

スコアーズ紹介動画


ゲームは2チームに分かれて5ピリオド。
2ピリオド終了時点で先攻チームが16点の大量リード。
このまま先攻チーム有利で展開するかと思いましたが、第3ピリオドでショウタが37点の自己最高得点で逆転に成功!
ただし点差はわずか1点。

第4ピリオドは先攻20点、後攻19点。
なんと第4ピリオド終了時点で81対81で両チームが並び、勝負は最終ピリオドへ…。

最終ピリオド、先攻チームのレシーバーはお約束のマツ。
チームメイトの期待もむなしく前半の1分半を経過しても得点は0…。
しかし終盤、怒涛の足入れキャッチ3回、背面キャッチを1回成功して19得点。

そして後攻チームの最後の攻撃へ…。レシーバーは高校1年生のツカサ。20得点以上で逆転サヨナラという状況で、背面キャッチや両手キャッチを淡々と成功させて得点を積み上げます。そして残り10秒を残して18得点。得点差は1点!両手キャッチで逆転の場面…

最後のパスは高めに浮き、ツカサがギリギリ手を伸ばして片手でキャッチ…
そこで試合終了のホイッスル。

5ピリオド行い、終わってみれば奇跡の100対100の同点でした。
昨日は寒い中、屋外のコートでの開催でしたがゲームは白熱して、今年最後のスコアーズにふさわしく盛り上がる展開になりました。
参加者の皆さん、ありがとうございました!!
コメント

江東区立有明西学園でリングビーの出張授業

2020-12-14 19:23:13 | 小学校
12月8日,11日,14日の3日間、江東区立有明西学園でリングビーの出張授業をしてきました。
有明西学園は創立3年目の新設校。校舎は近代的でとてもきれい


今回依頼をくれた先生は、3年前に渋谷区の小学校で出張授業をした時に担当されていた先生で、異動先の有明西学園からも依頼をしてくれました。
また別のクラスの担任の先生は、一昨年江東区内の別の小学校で保護者主催のリングビーのイベントを行った際に保護者として参加されていたそうで、「あの時すごく面白いと思って、今回とても楽しみにしていたんです!」と言ってくれました。

今回授業を受けてくれるのは3年生4クラス。


リングビーを初めてみる児童の皆さんに、リングビーの特徴や投げるときは持ち方に注意すること,肘を上げること,手首を使って回転をかけることなど、投げるコツを説明した後2人1組で投げる練習
初めて投げるリングビーにあちこちから歓声が上がります


みんなが上手に投げられるようになったところで遠投競争
1人1個リングビーを持って思いっきり投げて距離を競います



2日目はベースボール型ゲームのルール説明と練習試合



3日目の最終日はベースボール型ゲームの試合
各クラス4チームに分かれて、2コートで2試合ずつ行いました


有明西学園では今回教材としてリングビーを25個導入いただきました。
3回の授業を通して、投げるときのフォームは、肘が上がり手首を使えるようになってみんなかっこよくなりました。
担任の先生曰くこれを定着させるために引き続きリングビーを使う時間を取ってくれるとのこと。
正しい投球フォームが定着して、投力が向上してくれると嬉しいです!
コメント