宇宙人や日本神界からのリアルタイム通信を絵に! 扉を開くヒーリングアートちゃぴ

チャネルによる自動書記、スピリチュアルアート通信
絵と詩が魂の扉を開く!毎日がオーラの泉状態です☆
川村朋之の鍵画

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

七夕前夜に、前世の娘の事を想ふ☆~ソウルメイト達へ~

2006-07-06 19:52:59 | 魂の旅~前世、来世、ソウルメイトたち~
松尾大社に行ったら、うっかり…いや、しっかりと七夕の用意がされていた。
明日は七夕祭り、晴れるといいね^^☆

さて…、宇宙で家族だった娘がいる。
現在、小学校2年生だけど宇宙の記憶庫(アガスティアの葉みたいなもの)と
  繋がってるんかな。普通にそういう事を話す。
コズミックチャイルドって言うんかね~。
その子と伊勢丹の屋上に登った。
なんか凄くいい雰囲気に撮れてるよね^^
 でも、今世では他人の子。
いや、他人じゃないか。彼女の母親とも、同じ輪の中。ソウルメイト。

彼女は、私たちが宇宙のある星にいた頃、私とAさんの子供だった。
彼女の「現在の母親」と、Aさんと一緒に、
  私を置いて地球に降りてきたと話している。

Aさんの記憶では、現在の「彼女の父」を助ける為に地球に降りてきたって
  イメージがある。
それに同行できなかったおいらは、レムリア後期に地球に降りて来た。

これは、1回目か2回目かわからない。
  私は一度 宇宙に帰ってまた来てるから。

天使だった時、禁を犯してある人を助け、片翼を失い地上に堕ちる。
それが、つぐ父の事かどうかは、わかんないが
    自己嫌悪から私の魂はダークサイドに落ちた。
当時の仲間達は、経緯をわかってるから誰も責めなかったが
  何度も何度もダークサイドの転生を続けた。

全てが闇ばかりでもないが、自己嫌悪は、魂の次元を下げる。
 57次元にいたおいらは、51次元の星でも活躍してた事がある。
    「R」に似たエネルギーを持つ星だった。
それは「レムリア瞑想」後、Mさんと会ったのをキッカケに思い出した。
同じ星の仲間だったのかな^^

☆最近有名な「宇宙マン」も私の事を凄く知ってるらしい。
 たぶん、この辺の☆で一緒だったのかな?
 ミチルの口ぶりでは、私達の方が魂は古いみたいだけど…^^☆

--------------------------------
つぐは、覚えてないみたいだが、日本でも親子だった前世もある。
  うちゅ~と同じように、私とAの子供だったよう。
 頭に簪をつけたお姫さま。「離れるのは嫌じゃ」と泣いている。
権力闘争の為、敵方の殿にでも貰われたんだろう。
昔は、悲しい事ばかりだった。どこも戦いの歴史ばっかだもん。

***
さてさて、明日は、七夕
   皆さんに素敵な出会い、復縁、巡り逢いが
  ありますように゜・*:.。. .。.:*・゜(uu) ゜・*:.。. .。.:*・゜

※写真左は、本日の松尾さん。
 中は、前世の娘のイメージ画。右は会った時のヒトコマ

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 星々の波間をくぐり白山へ☆白... | トップ | 第一回京都スピコン de 初個展 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

魂の旅~前世、来世、ソウルメイトたち~」カテゴリの最新記事