美味!な日々

食べることとミステリーが大好き♪な兼業主婦の日記です。
最近は観劇がメインとなりつつある…。

歪んでる(舞台:嵐が丘)

2015-05-09 23:29:22 | 舞台

嵐が丘』@日生劇場です。
学生の団体が3階席にいてなかなかの賑やかさ(-_-;)。

有名文学作品で映画すら観たことないけれど、
そしてストーリー的にもあまり興味をひかれないけれど、
好きな役者陣&演出家だから1回くらい観ておくかと思い、行ってみました。

うーん、総じて登場人物たちの理解しづらいというか共感しづらい性格についていけず…な感じ。
時代のせいなのか外国の話だからか何なのかわからないけど、
悲恋というより歪んだ愛にしか見えなかった。最後の若者の結婚だけが救い。
時間の制約なのか展開が唐突だったり速かったりして消化不良感も。
恐らくですが、数回観たら惹きこまれるような作品なのだろうな、と思いました。
その証拠に、稽古を重ねたキャストの入り込みっぷりが相当だったので。

堀北真希山本耕史のナマ演技を良席で観られたのは良かったかな。
ミュージカルでもないのに贅沢にも音楽が生演奏♪♪
戸田恵子の歌がちょろっと聴けたのは嬉しかったけど、
それなら山本耕史伊礼彼方ソニンにも…と思ってしまうのは贅沢でしょうか(笑)
舞台セットもかなり大掛かりで手がこんでいたなぁ。

KERAさんならどう料理するだろう…とついつい思ってしまいました。
浅利陽介くんが観劇してました~。思い出すなぁ、三谷幸喜のナポレオン。。。

嵐が丘 (新潮文庫)
鴻巣 友季子
新潮社
嵐が丘 [DVD]
ジュリエット・ビノシュ,レイフ・ファインズ,ジャネット・マクティア
パラマウント ジャパン


『演劇』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 料理上手(舞台:三人姉妹) | トップ | オズの魔法使い(舞台:ウィ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
日生劇場 (まっつぁんこ)
2015-05-22 08:43:36
日生劇場に初めて行きましたが「古色蒼然」という四文字熟語が脳裏にひらめきました。
建替えですね(笑)
5月9日の夜に観ましたが、その時は2階3階はガラガラ。
某サイトで7,000円でたたき売られているのもむべなるかなと思いました。

コメントを投稿

舞台」カテゴリの最新記事