美味!な日々

食べることとミステリーが大好き♪な兼業主婦の日記です。
最近は観劇がメインとなりつつある…。

マッキー!(舞台:愛の唄を歌おう)

2014-01-19 23:02:48 | 舞台

今年の観劇初めは『愛の唄を歌おう』@シアターオーブ。
全編槇原敬之の歌で構成されたミュージカルで、
観劇初めにふさわしく楽しくハートフルなミュージカルでした。
何と言ってもマッキーの曲!名曲多いなぁ、とあらためて認識。
「SPY」が使われてたのは嬉しかったな~。

ラストは結婚式という名を借りたショーで、すっごい楽しい気分で終わったのですが、
帰り道にあれれ?主役以外のメインキャストが抱えていた問題は
一切解決してないじゃん…という脚本のアラに気づいてしまい、苦笑。
もし再演する際には(ぜひして欲しい♪)その辺の補記を希望。(笑)

演者はミュージカルなので歌の上手い人達はもちろん、
味のある演技をする人やROLLY、KONISHIKI…とバラエティに富んでいて、
キャスト構成の妙に感心。いい化学反応をしていたように思います。
以前別の舞台で知ったJONTE(『海盗セブン』)や大口兼悟(『バブー・オブ・ザ・ベイビー』)がまた見られて嬉しかったですし、
川畑要や北山宏光やエハラマサヒロの生歌も聴けたのも嬉しかったですし、
ソロパートはわずかながらエリアンナ(『RENT』)も相変わらずの歌唱力で興奮しました。
ただ、大好きな橋本じゅんが恐らく彼の持つ力の50%も発揮できていないであろう
役柄だったのは残念というかせつないというか。もったいない。

ちなみに今回のシアターオーブは初のバルコニー席。
足元がちょっと狭くてキツイけど、周囲にあまり気を遣わなくていいのは◯。
前方席だったので二階でも比較的舞台に近くて良かったです。
それにしてもジャニーズ出演舞台は大抵チケットが電話販売のみなので面倒くさいことこの上ないです。
このシステム、どうにかならないものかしら…。

この日の客席ではカラテカ入江氏、
あとは恐らくジャニーズの真田佑馬くんと思われる方をお見かけしました。

秋うた、冬うた。~もう恋なんてしない
ワーナーミュージック・ジャパン
ワーナーミュージック・ジャパン


『演劇』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 同窓会兼送別会?(舞台:夜更... | トップ | 60年記念(舞台:真田十勇士) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

舞台」カテゴリの最新記事